2020年6月から不倫騒動で活動を自粛していたアンジャッシュの渡部建が2月15日放送の『白黒アンジャッシュ』(千葉テレビ)に出演し、約1年7か月ぶりにテレビ復帰を果たした。

 冒頭で渡部は、「多目的トイレを必要としている方々、大変な不便もおかけしましたし、本当に不快な思いもさせてしまったと思います。本当に申し訳ございませんでした」と深く頭を下げる。スタジオには終始緊張したムードが漂ってみえる。

 2020年12月に会見を開き、集まったレポーター陣を前に“しどろもどろ”な受け答えをしてテレビ復帰から遠ざかってしまった過去が渡部にはある。しかし、この放送では相方である児嶋一哉からの忌憚(きたん)のない質問の数々に、はぐらかすことなく丁寧に答えていく。児嶋が度々言及したのは「奥さん」「家族」についてだった──。

家庭事情を聞き出そうとするレポーター

「放送で渡部さんが明かしていましたが、渡部さんは収録に向けて佐々木希さんに“なんでも聞かれたことは正直に話しなさい”とアドバイスを受けたといいます。復帰について佐々木さんと何度も話し合ったとも。実際にそのようだったみたいで、芸能界を辞めるか否かというテーマについては、長期間ふたりで考えていたそうですよ」(芸能プロ関係者)

 結局、芸能界を辞めずにまた表舞台に出てきたのには、息子の存在が大きかったと番組内で告白している。番組内でこのように語っていた。

このまま逃げるように芸能界をやめるのと、1回ダメ元で再チャレンジして、それで玉砕するならするってことのほうが、息子にみせる背中としては。“お父さん1回失敗したけど、逃げずにもう一回チャレンジしたね”ってほうがいいんじゃないかな”みたいな話しは(佐々木と)すごくして

 仕事のない渡部に代わって佐々木さんが活動を活発化させ、“一家の大黒柱”を担ってきた佐々木は、気苦労が絶えない日々を送っていたようで、

テレビの共演者などは気を遣って渡部さんの話題について触れないと聞きます。しかし、企業のイベントに登壇する仕事などでは、取材にやってきたレポーターたちがどうにかして“家庭事情”を聞き出そうと質問を繰り出すこともありましたね。そのとき彼女は笑顔で対応しつつも、明言を避けていました。取材陣も“ガードが固い”と漏らしていましたが、佐々木さんの心労もなかなかなものだったでしょう」(スポーツ紙記者)