3月6日に放送スタートする、次回のスーパー戦隊シリーズの最新作のタイトルは『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』。

 第46作となる今回のモチーフとなっているのは、昔話の「桃太郎」。10年ぶりに名前に“ジャー”がつかないことも話題だが、ドンブラザーズの“ドン”は、おそらく桃太郎で川から桃が流れてくる「どんぶらこ」からきているのでは、とも言われている。

桃太郎と鬼がまさかの仲間

 リーダー格の「ドンモモタロウ(レッド)」が、「イヌブラザー(ブラック)」「サルブラザー(ブルー)」「キジブラザー(ピンク)」「オニシスター(イエロー)」をお供に、敵と戦うという。

 なぜ鬼モチーフのメンバーが最初から仲間なのか? 桃太郎たちと鬼が一緒に戦う相手「脳人(のうと)」とは? さらに、史上初となる男性がピンクをレギュラーとして担当すること(しかも33歳の既婚者という設定!)、変身後のキジとイヌはCGを駆使したものになる、などなど、放送前から気になる要素てんこもりだ。

 発表の場となったオンライン会見では、本来の「ドンブラザーズ」が登場する前に『暴太郎戦隊ドンブリーズ』という似た名前で“丼物”をモチーフにした戦隊たちのPVが上映。頭に丼をつけ「食事処」と書かれた赤提灯を掲げ、「払ってやるぜ、どんぶり勘定でな!」と決めゼリフを放つヒーロー、「鉄火丼レッド」「天丼ブルー」「カツ丼イエロー」「海鮮丼ブラック」「牛丼ピンク」の“登場”に度肝を抜かれた取材記者たち。

シュールで個性的すぎる!『暴太郎戦隊ドンブリーズ』公式YouTubeから

 続けて今度は、地球に充満する“悪の臭い”を断ちきる「香りの戦士たち」として、『暴太郎戦隊ドンフレグランス』のPVが上映。「オリエンタルノート(ブルー)」「フローラルノート(ピンク)」「ウッディノート(ブラウン)」の3人の戦士が「お前ら全員、匂ってやるぜ!」の決めゼリフとともに流し出された。

 そんな手のこんだ“茶番PV”をフリに、ようやく登場した“ホンモノ”のドンブラザーズだった。

「この発表の仕方からも“ツッコんでもらえてなんぼ”というか、徹頭徹尾ボケ倒すという戦隊になるんだろうなということで、1年間どんな仕込みや仕掛けが待っているか、いきなり楽しみですね」

 と、特撮作品に詳しいある雑誌編集者は言う。

「一見、ギャグ要素が強そうなところに驚きがあるかもしれませんが、戦隊シリーズのギャグは、初代の『秘密戦隊ゴレンジャー』から満載でした。90年代に宇宙暴走族との戦いを描いた『激走戦隊カーレンジャー』は、全体的にギャグ強めの作品でしたね。放送中の『機界戦隊ゼンカイジャー』や前作の『魔進戦隊キラメイジャー』もコメディ要素の比重が強めですし、新作もいい意味での悪ふざけ、気軽なコメディ路線の集大成になりそうな気もします」(同)