インスタグラムやメディアへの出演などでカラフルなファッションを披露している角野栄子さん。華やかで目にも楽しいそのファッション、実は娘でありイラストレーターのくぼしまりおさんが私生活での装いを含め、トータルコーディネートをしているという。

服選びで関係がよくなった

母はもともとおしゃれを楽しむことが好きで、ファッションに対して自分なりのこだわりがありました。でも80歳を過ぎたある日“毎日のお洋服を考えるのが面倒になっちゃった”と突然、言われました。“代わりに考えてくれないかしら?”と(笑)」(くぼしまさん、以下同)

 それ以降、くぼしまさんが小物にいたるまですべての洋服選びを担ってきた。

「気づいたのは、母はおしゃれ自体が面倒になったわけではなかったということ。シニアになるとお洋服を買いに出かけたり、何度も試着をするのは体力的にも厳しくなります。そして、コーディネート自体、けっこう頭を使うから疲れてしまう。以前のように自分で選ぶというパワーが、年齢とともに落ちてきてしまうんです

 日々のコーディネートを始めてはや6年。2人でコーディネート談議に花が咲き、親子げんかも少なくなったかも、と笑うくぼしまさん。  

母親のスタイリングで母も娘も笑顔になる

 オレンジやピンク、赤といったカラフルなコーディネートの背景には、お母様に対するくぼしまさんの思いがある。

年をとると疲れやすいし、どこかしら身体の不調もあるでしょう。でも、カラフルな洋服を着ると顔色が明るくなり、元気な人に見えるんです。何よりも、明るい色の洋服は着ている本人を楽しい気持ちにしてくれます。

 私自身、母のカラフルなコーディネートを考えることが好きですし、『このワンピースに合う色の小物を見つけよう!』とふたりで家中を探し回るのも楽しいです。宝物探しのようで童心に帰りますよ」

 お母様のスタイリングをすることは、やがて将来やってくる自分自身の老後の装いの勉強にもなるとも話すくぼしまさん。

 年齢を重ねた女性だからこそ似合う、気分が上がるファッションとおしゃれのコツをこの機会に習得したい。

角野さんのクローゼットにはカラフルなワンピースがズラリ。同じ型で作っても、生地の模様や素材が違うと印象がガラリと異なるのだそう イラスト/くぼしまりお (『魔法のクローゼット』本文より)