2月22日は『猫の日』!

 人々を魅了してやまない猫の可愛らしさは現実のみならず、アニメや漫画のキャラクターとしても愛されてきた。

 『週刊女性』編集部ではこれまで数多くの作品に登場してきた猫キャラをピックアップ。読者の“推し猫”アンケートを行った。あなたの推し猫はランクインしていた?

【1位】ドラえもん(ドラえもん)/240票

 2位を大きく引き離した堂々の第1位にドラえもんがランクイン。2位はキティちゃん、3位はジジ(魔女の宅急便)、という結果だった。

 読者は猫キャラのどんなところに惹かれたのか。聞いてみると──。

 1位のドラえもん。「可愛い」「丸い」「親しみやすい」という声が圧倒的だった。お腹のポケットから出す未来の道具の数々にも魅力を感じている人も多かった。

「ロボットなのに人間味がある」(57歳・宮城県・男性)

 主人公・のび太との絆も欠かせないエピソードだ。未来に帰ることになったドラえもんの話は特に印象深い。

 ドラえもんに心配をかけまいとのび太がひとりで困難に立ち向かおうとするシーンや2人の友情に涙した人も多かった。

「いつの時代にも夢を与えてくれる存在です」(50歳・兵庫県・男性)

 キャラクターのみならず、作品への愛も深く、年齢問わず不動の存在だ。

【2位】キティ・ホワイト(ハローキティ)/104票

 2位はキティちゃんの愛称で知られるキティ・ホワイト。雑貨や文具でアイテムを愛用していた人も多かった。

「日本を代表する可愛らしさ」(49歳・東京都・女性)

「子どものころ、友達数人から誕生日プレゼントをもらったら、全部キティちゃんグッズだった」(42歳・千葉県・女性)というエピソードもキティちゃんあるある。それほどに身近なアイドルだった。

【3位】ジジ(魔女の宅急便)/67票

 3位の黒猫ジジ。主人公・キキと話せるところや皮肉屋でクールな性格も人気のポイント。

「ホットミルクを熱そうに飲んでいるところが可愛い」(30歳・岡山県・女性)

「キキが動物の言葉が一時的にわからなくなったときでも寄り添っていたこと」(40歳・大阪府・女性)

 会話もでき、いつでもそばにいてくれる相棒であり、きょうだいのような存在に憧れた人も少なくないはず。