結成から25年。日米国際コンビの元祖、パックンマックンが単独ライブを開催する。それもなんと、15年ぶりだ。パックン51歳、マックン48歳。アラフィフの2人がなぜ今、単独ライブをやるのか。これまでの歴史と現在、そして今後を語る。

15年ぶりの単独ライブが決まったきっかけ

マックン僕がたまにニュースになったりテレビに出ると、“生存確認”と言われます!

パックンでもマックンは『ものスタ』(テレビ東京系)という通販の帯レギュラー番組を持っていて、テレビに出ている時間は僕より多いんですよ。生活も安定してるよね、商品をもらって帰れるし

マックンそう、それで食いつないで……ってバカやろう!

 情報番組のコメンテーターや大学の非常勤講師を務めるパックンことパトリック・ハーランと、通販番組のMCやぐんま観光大使を担う吉田眞のコンビ“パックンマックン”。そんな彼らが、15年ぶりに単独ライブを行う。まるで長い眠りから覚めたかのようだ。

マックン 撮影/伊藤和幸

マックン「いい表現ですね」

パックン「セミみたいだね!」

 公演を決めたきっかけは、周囲から背中を押されたこと。

マックン本当は、ずっと“やりません”と言っていました。でもすすめてくる人がどんどん増えて。“僕らのお笑いライブを誰か見たいのかな”とこぼしたら、主催のBSフジの局長さんが“見たいよ”と。その言葉が僕の胸に刺さったんです

パックンうちの事務所の社長より、局長さんの思いにマックンは押されましたね!

 ライブでは漫才やコント以外に、トークコーナーも予定。

マックン25年も2人でやってると、珍事件も多いですから

パックンパックンマックン事件簿をお届けしようかと。例えば僕のお母さんは案外下ネタが好きだとか、マックンのお母さんは僕に裸を見せるとか

マックンここで言っちゃダメでしょ!