アンジャッシュ渡部建(49)が芸能活動を再開した。

渡部、活動再開も笑いづらい

 一昨年6月の「多目的トイレ不倫」発覚以来、相方の児嶋一哉(49)が単独で出演していた『白黒アンジャッシュ』(千葉テレビ)に2月15日から復帰。22日の放送では、相方の持ちネタ「児嶋だよ」をもじった新ネタも披露した。

 児嶋に「スケベさん」と呼んでもらい「ワタベだよ」と返す、というネタだ。

 ここから思い出したのが、2014年に雑誌『JUNON』でしていた発言。彼は、

「芸人にとって“恥ずかしい過去”みたいなものはすごく身を助けてくれる」

 として、同じ『JUNON』('05年1月号)で撮られたシャワー写真の話をした。「抱かれたい芸人ランキング」の常連だった彼が、上半身裸でシャワーを浴びるサービスショットを披露したもので、その後、バラエティー番組でいじられることに。これが芸人としてはすごくおいしかったというわけだ。

 そこで「多目的トイレ不倫」もまた、自虐ネタにできると期待したのだろうが──。番組を見た人も、ネットで知った人も、あまり笑えなかったのではないか。

 それはあの騒動がいわゆる「恥ずかしい過去」とは別物だからだ。多目的トイレ不倫が不快だった人にとっては、まだまだ「許せない過去」なのだろう。

 そんなわけで、前途多難な渡部。ただ、この「恥ずかしい過去」云々のインタビューはなかなか面白い。彼がなぜ、こうなってしまったのかという謎まで解けるのだ。

 まず、この時点での彼は芸人として再ブレイク中だった。シャワー写真を撮ったころは、若さと勢いで注目された感じだったが、その後「スケジュールがガラ空き」の低迷期を経て、復活。グルメや高校野球などの「情報力」を武器に、ピンでの仕事も児嶋をはるかに上回るようになった。

 それゆえ、シャワー写真のころの自分を「人生でいちばん調子に乗っていました」と振り返り、

「それにしても当時の僕は、この後の人生、いろんな波にもまれることをまだ全然わかってない顔してますね」

 と、若気の至りとして笑っていたのである。