人気YouTuber・ヒカルの“ヤラセ問題”が、ネット上でにわかに注目を浴びている。最近、“暴露系YouTuber”としてその名を轟かせる、元アパレル会社社長の東谷義和氏から、動画「お菓子とコーラだけで9万円請求?ぼったくりバーに潜入調査したら闇深すぎたから会話全て公開します」(2019年4月公開)について、「お前あれヤラセやな? 全部裏取った」と暴露されたことを受け、ヒカルが3月9日のツイキャス(ライブ配信サービス)で、ヤラセ行為を認めたのだ。

 問題の動画で、ヒカルは単身でぼったくりバーに潜入。客引きからの「1時間4,000円」という話に乗ってバーに来店したものの、これに加え、アイス(氷)1個1,000円×5個、キャストドリンク1杯5,000円×5杯、ゲストドリンク1杯5,000円×5杯など、合計9万2,000円を請求されたヒカルは、スタッフに猛抗議を行い、最終的にぼったくりであることを認めさせた。

ずさんな“店舗”でヤラセ疑惑噴出

「ヒカルは、ぼったくりバー潜入動画の冒頭で、『ちょっと正直これリスクもあるんですけどね』『結構危ないですぶっちゃけ』『ボディーガードとか連れてたら多分リアル撮れないと思うんで』などと鼻息を荒くしていましたが、ツイキャスでは『改めてにはなるんですけど、ヤラセはしてました』と、疑惑を認めました」(芸能ライター)

 ヒカルは、2020年8月に投稿した『【カメラ止めろ動画出したら訴えるぞ】毎日嘘の閉店セールしてる店の闇暴いたら逆ギレしてきてブチギレ口論になった…』という動画でもヤラセが発覚したことがあった。

「『閉店セール』を謳う古着店を訪れて全品を一括購入し、3日後に本当に閉店しているのか……を検証するという企画だったのですが、店はかわらず営業しており、ヒカルは店側を『あれ(閉店セール)って嘘やったんですか?』と詰問、最終的に経営者が撤退を口約束するという実録ドキュメントでした。

 しかし古着店にはレジがなく、BGMも流れておらずと、いかにも突貫工事でつくられた店舗だったため、ヤラセ疑惑が噴出。ヒカルは、後日『【話します】やらせ疑惑とSNS削除について』という動画を公開し、『ヤラセがバレました』と告白したのです」(同・前)