アイドルグループ『乃木坂46』に新たに加入した5期生が、いろいろな面で話題となっている。

 5期生は応募総数8万7852人、倍率7987倍の中から選ばれた11人。2月1日から1人ずつ、段階的にメンバーのプロフィールと顔が公開され、そのたびにビジュアルの高さなどがSNS上で話題となった。

 一方で、3月23日にリリースされた29枚目のシングル『Actually...』のセンターに5期生ながら大抜擢された中西アルノ(19)は、過去のSNSでの発言が物議を醸し、3月3日に活動自粛を発表。

 同じく5期生として3月から活動を予定していたの岡本姫奈も18日に「グループの活動規約に違反する行為」があったとして、活動自粛となった。加入したてのアイドルがこれだけニュースになるのも、乃木坂46人気の証左といえる。

 乃木坂46といえばテレビ、雑誌など幅広く活躍するも、メンバーの目標となるのは、やはりシングルの選抜メンバー入りだ。選抜に入れば歌番組への出演などメディアへの露出が増えるため、ファン獲得のきっかけともなる。では5期生たちが今後、シングル選抜に選ばれる確率はどのくらいあるだろうか。過去のデータを調べた。

乃木坂46シングル選抜に選ばれる確率を調査

 これまで乃木坂46のオーディションに合格し、活動をした1〜4期生のメンバーは合わせて77人(交換留学生の松井玲奈を含む)。このうちCDとなったシングルの選抜を一度でも経験したメンバーの数は57人で、選抜率は74%、4人に3人が選ばれる計算だ。

 坂道グループで比較すると櫻坂46(旧・欅坂46)のシングル選抜率は94.6%、日向坂46は100%だった。乃木坂はほかの2グループの倍近いメンバーが在籍することもあり、3グループの中ではもっとも低い数字となった。かつての“公式ライバル”AKB48のデータを見ると、所属したメンバー(兼務含む)のシングル選抜率は37.8%。メンバー数の違いなどもあり、単純比較はできないものの、乃木坂のシングル選抜率はAKBのほぼ倍であった。

 では乃木坂の顔であるシングルのセンターになれる割合はどうか。シングルのセンター経験者は過去13人で全体の16.9%と一気に下がる。この数字から見れば、センターが決まっていた5期生中西の逃したチャンスは大きかったかもしれない。