北京五輪の感動が冷めやらぬ中、フィギュアスケートの世界選手権が行われた。

「フランスのモンペリエで開催され、男子シングルには、宇野昌磨選手、鍵山優真選手と、友野一希選手(23)が出場しました」(スポーツ紙記者、以下同)

 宇野昌磨は世界選手権で初優勝し、世界歴代3位という高得点で自己最高を更新した。友野一希は6位に終わったが、北京五輪で銀メダルを獲得した鍵山優真は前回大会に続き2位になり、日本勢がワンツーを果たした。

 しかし、ケガによる欠場も相次いだ大会でもあった。

「代表に内定していた羽生結弦選手は、北京五輪の公式練習で4回転半に挑んだ際に負傷した右足が完治していないため、3月1日に欠場を発表しました。北京五輪金メダリストのネイサン・チェン選手も慢性的なケガをこれ以上悪化させないために欠場。羽生選手の代わりに補欠から繰り上がって出場することになっていた三浦佳生選手(16)も、左足の肉離れにより出場できなくなりました」

 それでも日本の男子選手は、活躍が期待されていた。

「北京五輪銀メダリストの鍵山選手、銅メダリストの宇野選手は、海外メディアからも優勝候補として注目を集めていました。そして、羽生選手の“代打の代打”の友野選手は、1月の『四大陸選手権』で2位、3月20日まで行われていた『プランタン杯』では優勝しており、好調そのものでした」

躍進を見せた友野一希選手

 そして、前評判どおりの結果に。

「ショートプログラムで日本男子が1位から3位を独占すると、フリーでも会心の演技を見せ、宇野選手が金メダルを獲得。今シーズンの締めくくりとして、素晴らしい結果になりました。羽生選手が不在でも、日本男子の存在感を世界にしっかりアピールできましたね」

 今回の躍進で、友野の名前を初めて知った人も多いはず。スポーツジャーナリストの折山淑美さんによると、突発的な事態に強いという。

「平昌五輪が行われた2018年の世界選手権では5位になった選手です。そのときも、羽生選手が欠場することになり、補欠の一番手だった無良崇人選手が辞退したことによる“代打の代打”としての出場でした。

 2016年の世界ジュニアにも、出場予定だった山本草太選手がケガをしてしまったため、代打で出場しています。“表現力もジャンプも”と、複数の要素で上を目指そうとするため、演技が安定しない時期もありましたが、こういった場面できちんと結果を出せる選手です」