「女遊びを週刊誌に撮られた際に、カムフラージュとしてブログを書いた」

 市川海老蔵の義姉である小林麻耶が突然、爆弾発言を連発。これまで“味方”だったはずの海老蔵を一方的に批判し始めたのだ。

歌舞伎界に“海老蔵批判”はない

「3月21日に、小林麻耶さんがYouTubeで海老蔵さんへの長年の不満を語りました。妹の麻央さんが入院している病室で競馬新聞を読んでいた、9000万円を貸したのに返ってこない、などという衝撃的な告白です。

 麻耶さんは、夫の國光吟さんとともに連日のブログで海老蔵さんを口撃。畳みかけるように、24日には『女性セブン』が“SNSナンパ”を報じました。インスタグラムやティックトックを使って複数の女性を誘い、逢瀬を重ねていたというのです」(スポーツ紙記者)

 妻を亡くしても懸命に2人の子どもを育てるイクメンパパとして好感度が高かったのに、一転“無法男”のイメージがついてしまった。

「今のところ、海老蔵さんは沈黙を貫いています。麻耶さんの発言や記事について反応することはなく、日課のブログで子どもたちの様子を伝えています。平常運転で、まったくいつもどおりですね」(同・スポーツ紙記者)

 よほどメンタルが強いのかと思ってしまうが、そういうことではないらしい。歌舞伎界では海老蔵を批判する声が上がっていないのだ。

「最近だと中村芝翫さんにも不倫報道がありましたし、歌舞伎役者の女性関係が派手なのは事実。人を魅了する“色気”が求められますから、遊びは“芸の肥やし”としてむしろ推奨されるぐらいなんですよ。海老蔵さんはいろいろとやらかしていますが、役者としては魅力も実力も超一流。夜遊びぐらいで地位が脅かされることはないでしょうね」(梨園関係者)