最近“これ美容誌だよね……?”と、戸惑ってしまうことが増えている。男性が表紙を飾っているからだ。

「女性向けコスメ誌の表紙にジャニーズタレントが登場することが多くなっていますね。『美的』'22年2月号SPECIAL EDITIONの表紙はSnowManの渡辺翔太さんでした。'01年の創刊以来、男性単独の表紙は初めて。渡辺さんは美容に詳しいことで知られていて、『MAQUIA』 '22年5月号特別版でも表紙を飾っています」(美容ライター)

ジャニーズ表紙の理由

松本潤は『VoCE』3月号、玉森裕太は『美ST』4月号の表紙モデルに

 渡辺は『MAQUIA』の“渡辺翔太、29歳の色気”という8ページの特集で、自慢の美肌を披露している。

「『美ST』4月号の表紙はKis-My-Ft2の玉森裕太さんでしたし、『VOCE』3月号には松本潤さんが表紙で初登場しました。話題性だけでなく人気も伴っていて、中には売り切れになる雑誌もあるそうですよ」(同・美容ライター)

 なぜジャニーズを表紙に起用する美容誌が増えているのか。中央大学文学部社会情報学専攻の辻泉教授は、出版社側の切実な事情があると話す。

「今は雑誌の売り上げがそうとう厳しくなっています。インターネットの普及で、ファッションやオシャレに敏感な層が以前ほど雑誌を買わなくなってしまいました。その点、アイドルファンは好きなアイドルが載っていれば雑誌を買ってくれるんです」

 ジャニーズの表紙に期待されているのは、読者を引きつける効果なのだ。