※写真はイメージです

 口コミ評価は3つ星が並ぶ整体院で事件は起こった。施術を受けた2人の女性がわいせつ被害を訴え、逮捕・起訴された自称・整体師。「パニック障害が治る!」をウリにした整体はセクハラ治療だった。3月に判決が下ったわいせつ裁判の全貌に迫る。

「人の人生を壊しておいてこんな判決で……。私より苦しんでほしい」

 3月3日、東京・板橋区の整体院で起きたわいせつ事件の判決が東京地裁で行われた。

「懲役3年、執行猶予5年」

 下された判決に被害者の加納みゆきさん(30代・仮名)は「納得できない」と悔しさをにじませ、週刊女性の取材に答えた。

1人目の被害者

 事件の現場となったのは、東京・板橋区にあった整体院『T』(現在は閉店)。パニック障害や不定愁訴に効果がある、と宣伝し、口コミサイトでは高評価ばかり。“パニック障害が治った(中略)親切な先生のおかげです”などという書き込みが目立っていた。

 最初の被害者・加納さんが同店を訪れたのは'19年11月27日。

 加納さんはかねて、パニック障害に悩まされていた。(《》内は公判での証言)

《夫が『T』をインターネットで見つけてくれました。“脳幹療術”という,パニック障害の根本治療をしてくれるとのことだったので、一縷の望みをかけて予約をしました》

 以前にも整体院でセクハラ被害に遭ったことがある加納さんは、事前に夫に施術を体験してもらい、問題がなかったことから自分も予約した。証言台に立った夫は、

《妻が以前(別の)わいせつ行為を受けたこと、持病のことなどを被告に話しました。理解してもらったという感覚があり、妻に紹介しました。施術中私が同伴することも構わないということだったので来店したのですが》

 そこで事件は起きた。被害者の加納さんが証言する。

《その日は院長しか店にいなくて、夫も隣の喫茶店で待ってるように指示されました。“電磁波が悪い影響を与える”という理由でした。よくわからなかったけど、そういうものなのかな、と思って従ったんです。

 夫が退出してOと2人きりになり、写真を撮られたあと、アイマスクをされました。施術中にレギンスの中に手が入ってきて、“ずらしますね”と言いながら恥骨まで下着とレギンスを下ろされました。

 子宮周辺を指圧されて、Tシャツを鎖骨までまくられ胸が露わになった状態で片方ずつ胸をなでられました。そのとき被告の性器が着衣の上から当たって……。そもそも私は尻や胸の不調は訴えていないのになぜ執拗にそこばかり揉む必要があったのか》


 別室から音声で出廷証言している加納さんは当時を思い出し、苦しそうに言葉を絞り出す。

 怖くて声が出せなかったという加納さんだが、施術が終わり夫が迎えに来た途端、店外へ飛び出し店の前で泣き崩れた。そこで夫が、警察に通報。しかしこのときは客と店の単なるトラブルとして処理されたのか、Oはすぐに釈放されている。