「ここ以外でもけっこう出てくるかもわからんで。ほかの肉屋さんでもな」

 3月28日に『宮迫さんの焼き肉店「牛宮城」表示偽装で謝罪』というタイトルのYouTube動画をほんこんが投稿した。

彼の発言には、妙な説得力がありますよね。なにしろ、自分が関わった飲食店で何度も痛い目にあっていますから」(スポーツ紙記者)

 ほんこんは2006年、銀座に鉄板焼き店『冨くら』を開店。順調に売り上げを伸ばし、最盛期は3店舗に拡大した。

「さらに『チリトリ鍋ほんこんさん』『ほんこんさんのFOOD FIGHT』『焼肉ほんこん亭』などの飲食店を次々にオープンさせます。やり手実業家として活躍していましたが、いずれのお店も長くは続きませんでした。『冨くら』も2020年9月に銀座店が閉店し、完全撤退となりました」(グルメ誌ライター)

 そんな中、唯一残っていたのが神奈川県藤沢市にあったたこ焼き居酒屋『海蔵』。趣味でサーフィンを楽しむほんこんらしく、湘南エリアにたたずむアットホームな店舗だったのだが、最近になってこんな話が漏れ伝わってきた。

あそこも少し前に閉店してしまったという話を聞きました。やっぱり、コロナ禍で売り上げが厳しかったのが原因だったんですかね……」(放送作家)

 ほんこんが愛したたこ焼き店は本当になくなってしまったのか。実際に現地へ行ってみると、そこには『海蔵』ではなく、違う名前の居酒屋があった。

「昨年8月に撤退したみたい。海の近くってわけでもないし、駅からも遠い住宅街だからね。観光客は期待できないから、地元の人や知人が飲みにくるだけでしょう。夏はまだしも、冬の営業は厳しかったと思うよ」(近隣住民)

サーファー仲間が集まれるお店だった

 やはり、コロナショックが店を襲ったのだろうか。

ほんこんのインスタグラムに投稿された『海蔵』のたこ焼き。地元では評判だっただけに残念…

コロナでの売り上げ減がすべての理由ってことではなく、いろいろな要因が重なっての閉店みたいですね。彼は経営判断がとにかく早い。『冨くら』銀座店も、コロナ禍が長引くと判断して2020年のうちに閉店させたし、2019年に始めた生花店『ほんこんの花屋さんbloom』も、半年たたずに閉めたと聞いてます」(ほんこんの知人)

『海蔵』も運営は厳しかったようだが、最後まで残していたのには理由があった。

ほんこんさんは10年以上前にサーフィンを始め、湘南にはよく来ていますからね。二人三脚で一緒にやってきた店長も人間的にできた人だったし、サーファー仲間が集まれる場所をなくしたくなかったんだと思います。実は、今ある居酒屋の店長も『海蔵』の店長が引き継いでいるんですよ」(同・知人)

 所属事務所に、閉店理由について問い合わせたが、

「回答なしとさせていただきます」

 とのことだった。

 最近では、毎日のようにYouTubeを更新しているほんこん。しばらく飲食店経営からは距離を置いて、ユーチューバーに専念!?