いま芸能界で最も話題の夫婦、赤井夫妻。妻・佳子さんがSNSでつぶやく夫の“生態”が人気だ。そんな2人の愛の巣にお邪魔した。

SNSでも話題の赤井英和夫妻に直撃!

 高級住宅街の中でもひときわ立派な赤井邸、間取りは14LDKだ。“赤井の嫁”佳子さんのツイッターには、その豪邸で、ある時は日よけのために新聞をかぶり、ある時はなぜか全裸で食器洗いをする赤井の姿がアップされる。

「赤井は結婚当初からこんな感じ。初めは私の好きという気持ちが強すぎて、そのあとは3人の子育てに必死すぎて、変だと気づかなかったんですよ~。でも、子どもが大きくなって“パパって面白いよね”と言われてから、気にするようになりました」

 と、笑う佳子さん。

 リプライのコメントは圧倒的に「かわいい」「癒される」といったものが占める。中には「自分もやっている」という男性の声も。反響は大きく、昨年、出版された書籍を読むと笑いとともに2人の仲睦まじさが伝わってくる。

来客用リビングは、真正面に富士山を望む絶景。ふだん使いのリビングでは赤井が新聞での日よけ姿を再現してくれた(撮影/吉岡竜紀)

 2人のなれそめを聞かれるたび、赤井は“彼女と出会ったとき、胸の鈴がリンリン鳴った”と調子よく答えてきた。だが、実際には赤井に出会いの記憶がほとんどないだろう、と佳子さんは明かす。

 真相はこうだ。仕事で東京に長期滞在していた赤井はある日、ホテルで暇を持て余し、友人を呼び出した。その友人に誘われたのが佳子さんだ。彼女が部屋を訪ねたとき、赤井はすでに泥酔していた。真っ暗な部屋から現れたのは、髪はグシャグシャ、浴衣がまくれ○ルチン状態で朦朧とした男─それが赤井だった。

 佳子さんは当時、テレビのない部屋でひとり暮らしの身。赤井が元ボクサーで、ドラマ『東京エレベーターガール』に主演中の俳優であることも知らなかった。だが、そんな姿の男に、なぜか佳子さんはひと目惚れしてしまう。

「フォール・イン・ラブなんて可愛いもんじゃない。宇宙のとんでもない渦に突然、巻き込まれた感じの出会いでした」(佳子さん)

 当時は大阪在住、仕事が入れば長期間のホテル暮らしを東京でしていた赤井。

「ロケが雨で急に中止になったりすると、佳子ちゃんの家の留守電に入れる。すると大体、佳子ちゃんはすぐに飛んできてくれました」(赤井)