世の中が殺伐としていると沖縄ブームが到来する、といわれています。独特のスローテンポが求められるのでしょうか。コロナに戦争と暗いニュースが続く今、沖縄を舞台にした朝ドラは大ヒットが予想されています」(ワイドショースタッフ)

 11日からスタートした朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』。沖縄料理に夢をかけるヒロイン(黒島結菜・25)と強い絆で結ばれた4きょうだいのストーリー。主演の黒島は沖縄出身で、『ちゅらさん』('01年)の国仲涼子(42)に次ぐ、沖縄出身のヒロイン。

「沖縄の女性タレントには幾つかタイプがあってど根性タイプ恋多き魔性タイプ良妻賢母タイプ波瀾万丈タイプに分かれます」

 とはキャスティングディレクター。

「黒島さんはかつてNHKで『アシガール』('17年)で主演を務め、重い衣装をまとってわらじ姿で何キロも走らされるなど大変な撮影も涼しい顔でやってのけた伝説があります」(前・同)

 黒島のような逸話をたくさん持つ沖縄出身の女性タレントたちに迫る。

ど根性女優の新垣結衣、比嘉愛未、仲間由紀恵…

比嘉愛未(ひがまなみ)

「沖縄の女優さんは根性が据わっていると感じますね」と話すのはドラマ制作会社のプロデューサー。

「新垣結衣さん(33)や比嘉愛未さん(35)は顔立ちなども含めて沖縄色は薄めと思われがちですが、肝が据わっています。新垣さんは、役作りをしっかりやるタイプなんです。'17年に卓球映画の『ミックス。』に出た際は納得のいく素振りができるまで何度もテイクを繰り返し、クランクインの前から卓球の猛特訓をしていました。今放送されている大河ドラマ『鎌倉殿の13人』でも着物の所作を学ぶためにそうとう時間を費やしたとか。

 比嘉さんも、昨年適応障害で降板された深田恭子さんの代わりに急きょドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)の主演を務めましたが、このときも周囲が慌てふためいている中、本人はどっしりと構えていたといいます。

 沖縄出身の女優さんはスタッフからの信頼も厚いですね。仲間由紀恵さん(42)もおっとりとして見えますが中身はさっぱりして、いい意味で男性的。東京パフォーマンスドールとしてデビューしてからちょい役ばかりの時代を過ごしたからかスタッフへの気遣いもでき、スキャンダルも絶対に起こさないという安心感があります。NHKに重宝されるのも納得です」

 と、太鼓判を押す。

満島ひかり

 ど根性女優として満島ひかり(36)の名をあげるのは、テレビウォッチャーの神無月ららさん。

「沖縄アクターズスクール出身で『Folder』のメンバーとして1997年に12歳で歌手デビュー。リードボーカルの三浦大知が変声期を迎えて活動休止してからは,歌手としての活動は次第に目にしなくなりました。園子温監督の映画『愛のむきだし』('09年)で再びその名を聞いたときの彼女は24歳。番宣で白い下着を見せながら大立ち回りする彼女を目にしたときは、女優としての覚悟が伝わってきて、そうか、こっち(女優)で復活か! という衝撃がすごかった。

 今はドラマや映画でその名を目にしただけで“ひかりちゃんが出るからには面白いに違いない”と思える、そういう“格”すら生まれていると思います。二階堂ふみさん(27)も見逃せないですね。『ヒミズ』('12年)という難しい題材を爽やかな演技で魅せました。近年では朝ドラ『エール』('20年)での好演に加えて紅白歌合戦での落ち着いた司会ぶり。まだ20代ですよ。すごいですよね」

 今吹き荒れている園子温監督による“風評被害”もど根性で吹き飛ばせるか。