続編も映画化も夢として話していたので実現すると聞いたときはびっくりしたけど、うれしかったです。(夢は)言ってみるものだなと思いました

小芝風花、心境の変化

 主演連続ドラマ『妖怪シェアハウス』が、1年半ぶりに続編『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』(テレビ朝日系、毎週土曜夜11時~)となってスタートし、映画化も決まり6月に公開されることになった小芝風花(24)。

 お岩さん(松本まりか)、酒呑童子(毎熊克哉)、座敷童子(池谷のぶえ)、ぬらりひょん(大倉孝二)と個性的な妖怪たちとの同居生活を描いた異色ホラーコメディーは評判に。

面白いですねと声をかけていただくことが多かったです。妖怪さんたちが白目でテレパシーを送るのを親子でやっている動画を見て家族みんなで楽しんでいただける作品になっているのがうれしかったです。

 私自身が妖怪さんたちのファンです。いろんな妖怪モノ作品があるけど、うちの妖怪さんたちがいちばんかわいいと思っています

 前作は、恋人に裏切られ仕事もなくして無一文のどん底にいた主人公の澪が妖怪たちと暮らすことに。

 人目を気にして気弱な澪だったが自由な生き方の妖怪たちに感化されて小説家になる夢を見つけ、妖怪化した“妖怪ヒラキナオリ”としてシェアハウスを巣立っていくところで終わった。

 続編では、独り立ちした澪だが現実は厳しく生活は困窮し小説も書けない状態になってシェアハウスに舞い戻ってくる。

妖怪さんたちにまた会えるのがうれしかったです。不安もあったけどシェアハウスメンバーと本読みをしたときに詩子さん(座敷童子)の“むか~し、むか~し”と劇中アニメーションのナレーションを聞いたときに帰ってきたなと思いました

 見どころのひとつは人間界に紛れて暮らす妖怪たちが“闇落ち”して暴れだすところ。

前作は人間にだまされ苦しめられた澪を妖怪さんたちがコテンパンにやっつけてくれました。今回は人間社会にもまれて本来の自分を忘れて闇落ちをした妖怪さんに澪が苦しめられます。“人間”“妖怪化”に“闇落ち”が加わったのがポイントです。

 映画はドラマの収録が終わってからではなく、ドラマを見終わって熱が冷めないうちに届けられるようにドラマと並行して撮影しています。闇落ちした経緯が明らかになり澪の恋もあります