新生活が始まる春。テレビ局でも改編が行われ、4月からは多くの新番組が始まろうとしているが、今までにない現象が起こっている。

「これまではキー局の深夜帯で冠番組を持ち、ゴールデン帯への昇格を目指すというのが大きな目標でした。しかし、昨年の『M-1グランプリ』覇者である錦鯉は、4月から冠番組『錦鯉が行く!のりのり散歩』を長谷川雅紀さんの地元である北海道テレビでスタート。最近はローカル局で冠番組を持つケースが増えています」(テレビ誌編集者)

 キー局の番組に比べて、格下扱いされることが多かったローカル番組。しかし、見逃し配信などの影響で風向きが変わってきたという。

『TVer』などの配信メディアのおかげで、ローカル番組を全国どこにいても見ることができるようになりました。そのため、タレントや所属事務所も放送局にこだわらなくなってきています」(メディア研究家の衣輪晋一さん)

 芸能プロ関係者も「ギャラがキー局と差がないケースもある」と語る。

「最近ブレイクした若手であれば、キー局のひな壇で出演するギャラと大差ありません。また、“全国区の人気者が来てくれた!”と歓迎してくれるので、ロケ弁などの待遇に関しては、ローカル局のほうが豪華な場合も(笑)」

キー局スタジオでは見せない一面も

 売れっ子になる前から千鳥の冠番組『千鳥の出没!ひな壇団』を放送している中国放送の上田健大プロデューサーは、ローカル番組ならではの魅力をこう語る。

「恒例の釣り企画では、いつも以上にリラックスした表情やふたりの会話劇、幼少期の思い出話など、東京のスタジオでは見ることのない一面を垣間見ることができます」

 千鳥の大ブレイクと『TVer』での配信がスタートしたことで、大きな反響が。

「番組の企画として始まったオリジナルのレトルトカレー作りは、昨年10月末に発売すると、広島県内の各スーパーや駅・空港でも販売される新土産として話題に。異例の累計9万個を売り上げるヒット商品となりました。地上波テレビから飛び出し、広島全体を巻き込む番組に成長することができました」(上田プロデューサー、以下同)