4月14日に自身のYouTubeチャンネルを更新、【炎上してる牛宮城に炎上した私達が乗り込んだ】とのタイトルで動画を投稿したてんちむ。同じくユーチューバー・ぷろたんと一緒に、元『雨上がり決死隊』宮迫博之がプロデュースする焼き肉店『牛宮城』を訪れた様子を公開した。

 個室内やトイレなどのこだわり内装、設備を紹介したり、自慢の料理を食レポしたりとトークを交えながら『牛宮城』を堪能する2人。そして動画の後半で宮迫本人が登場。

 先輩ユーチューバーのてんちむから《もうYouTube慣れました?》と質問されると、《慣れたんだけど、終わりがない……。でも、52歳になったんで、いい意味で、やりたいことを振り切ってやろうかなと》と、神妙な面持ちで語り出す宮迫。

 その様子に《宮迫さん、そう、酔ってるのよ。酔うと宮迫さん、話長えの》と、言い放ち大笑いする彼女に“おい!”とばかりにツッコミながらも、苦笑いして下を向くのだった。

 その後も、自身が注文した約9万円の高級シャンパンを飲みながら、《宮迫さん、お酒入ったら(焼き肉の)味より自分の話だから》イジることをやめないてんちむ。ならばと、宮迫がお店で提供する交雑牛のウンチクなどの“味”の話をしだすと、“長くなりそうなのでカット”と早送りされる始末。

一瞬、イラッとした表情を見せる宮迫

 この扱いに流石にイラッとしたのか、据わった目でカメラの方を睨むように「おいっ!」と声を上げるも、すぐにシャンパンが注がれたグラスを持って3人で「いえ〜い」と乾杯を促す宮迫だった。

 すっかり酔っ払った店主が退席しても、2人のぶっちゃけトークは止まらない。ぷろたんが《俺、人の話聞くの苦手だからさ、(宮迫に)ゆっくり喋られるともう飽きちゃうんだよ》と明かすと、《(この場にいる)誰しもが(宮迫の話を)飽きてた》と言いたい放題のてんちむだった。

「ここまでいじり倒されて、宮迫さん、よく怒りませんでしたね」と、苦笑いするのは老舗芸能プロのマネージャー。

「バラエティー番組では司会として“回す”立場だっただけに、ひな壇芸人をイジって笑いにすることを得意にしていたイメージ。プライドの高い彼が、一回りも二回りも年下の、しかも芸能人ではなくユーチューバーにイジられるとは……。

 つい最近まで、テレビの第一線で活躍していた宮迫さん。まるで飲み会の席で若者に絡んで、後でウザがられるおじさんを見ているようで少し寂しくなりましたね」