近ごろ、世間を騒がせている芸能界での「性加害」。報道された加害者の中には、思春期の娘の父親という立場の者もいた。もし自分の家族が性暴力の加害者となったら……。ある日突然、「性犯罪者の娘」になってしまった少女たちを待ち受けていた現実とは。加害者家族を支援するNPO法人『World Open Heart』理事長・阿部恭子さんが伝える。

自分を責める家族

「ママはいいよね、パパと血が繋がってないから……」

 娘のひと言に、優子(仮名・40代)は深い自責の念を感じた。中学校の教師をしていた優子の夫は、教え子にわいせつ行為をして逮捕された。娘を守ることを第一にすぐ夫と離婚し、旧姓に戻って母子ともに人生をやり直すことにした。必死に前を向こうと娘を励ましてきたが、思春期に負った心の傷は、計り知れないほど深刻だった。

 優子の娘・理沙(仮名・10代)は、リストカットをしているという。

「あたしはクズの娘なんだなと思って……」

 優子が理沙に事情を聴くと、父親の事件に関するネットの掲示板の書き込みを見たのだという。「クズ」「変態」「生きる価値無し」等、罵詈雑言が並ぶサイトには、「家庭があるなら家族も同罪」という意見に賛同が集まっており、「家庭が上手くいっていれば教え子に手を出す必要はないだろう」という書き込みまであった。

 優子は、ネガティブな情報にアクセスしないよう理沙に言い聞かせても、

「被害者が苦しんでるのに、のうのうとはしてられない」

 と、まるで自分が罰せられなければならないかのように、世間の反応を見ては自傷行為を繰り返すのだった。

 理沙は高校に電車で通学しており、ラッシュ時の満員電車で痴漢に遭遇することもしばしばあった。友達の間でも「痴漢」や「変質者」の話題は日常茶飯事であったが、父親の事件後、こうしたすべての会話が自分に対する非難に聴こえるようになり、その場にいられなくなってしまった。

 周囲に知られていなかったが、いつか公にされてしまう日が来るかと思うと生きていられなくなるような不安を感じていた。

「人に知られたくはないけれど、隠していることにも罪悪感があります。本当の私を知ったら、みんな逃げていくんじゃないかと……」

 多くの加害者家族が抱える罪責感である。しかし、罪を犯したのは父親であり、子に責任はない。子どもに罪を背負わせる社会であってはならない。理沙は、同様の経験をした加害者家族との出会いを通して自分を取り戻し始めている。