「国と航空会社を提訴したことについては28日の記者会見でお話しますので、そこには触れませんよ」

 広島県呉市の谷本誠一市議はこの条件のもと、週刊女性PRIMEのインタビュー取材に応じてくれた。

マスク拒否で旅客機が1時間14分遅れに

 なぜ呉市の市議会議員が国と航空会社を提訴するのか、始まりは今年2月に起きた騒動だった。釧路空港から羽田空港へ向かうエア・ドゥの旅客機内で、谷本市議と知人男性がマスク着用を拒んだため、離陸前に降ろされていたことが発覚。同機には乗客44人が乗っており、この騒動のせいで出発は1時間14分遅れとなった。

 降ろした理由について、エア・ドゥ側は、

「ほかの乗客に不快感や迷惑を及ぼし、安全や健康に危害を及ぼすおそれがあったから」

 と説明。これに対して谷本市議は、

「国交省も言っているように、飛行機でマスクを強要することはできません。着用はあくまでお願い。そして、私が降ろされたことは、明らかに基本的人権の尊重などに抵触する憲法違反なのです」

 と真っ向から反論した。

 3月1日、この件を受けて広島県呉市議会は、谷本市議の行為は市議の倫理基準に違反し、責任を免れることはできないとして、議員辞職勧告決議案を全会一致で可決した。だが、この勧告には法的拘束力がないため、辞めるか辞めないかはあくまで本人に委ねられている。

 そんななか、谷本市議は辞職どころか、国と航空会社を相手どって、降機命令の取り消しと20万円の損害賠償などを求めて、広島地裁に提訴することが明らかに。28日にその手続きをした上で、記者会見を開くことになったのだ。

 週刊女性PRIMEは2月の騒動直後に谷本市議を直撃取材。その際、マスクを拒否した真相について、

「新型コロナウイルス感染症自体がとんでもない茶番劇。世界を操る闇の組織による陰謀なんです。私はそれには屈しない」

 というトンデモ発言が飛び出していた。今もその考えは変わっていないのか、谷本市議に聞いてみると、