これまで善人役が大半だった大泉洋(49)が憎まれ役を演じている。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(日曜午後8時)での源頼朝役のことだ。

「♯全部大泉のせい」がトレンド入り

 頼朝はプライドが高く、自分勝手で女好き。おまけに冷淡で、自分のために尽くした上総広常(佐藤浩市)や敵意のない木曽義仲(青木崇高)を討ち取り、自分の長女・大姫(落井実結子)と婚約させた義仲の息子・義高(市川染五郎)まで容赦なく殺す。

 これでは視聴者も黙っていない。広常が絶命した第15話(4月17日)の放送終了後には「♯全部大泉のせい」がツイッターでトレンド入り。大泉は国民的嫌われ者になってしまった。

 もっとも、大泉自身はしたり顔だったはず。歴史上で屈指のダークヒーローである頼朝は愛されてはいけないのだ。

 大泉は現在、フジテレビの月9『元彼の遺言状』にも準主演で登場中。こちらは慣れた善人役である。気の良い推理作家志望の青年・篠田敬太郎に扮している。

 一方でNHKの看板音楽番組『SONGS』の進行役も務め、一昨年と昨年の『NHK紅白歌合戦』では白組司会と司会をそれぞれ任せられた。エンタメ界のど真ん中にいる。

 けれど名が全国的に知られるようになってから、そう長くない。在京キー局の連続ドラマへの初レギュラー出演は2005年のこと。既に31歳になっていた。

 作品はフジ『救命病棟24時 第3シリーズ』。役柄は人柄の良い看護師・佐倉亮太だった。とぼけた味わいがウケ、たちまち茶の間の人気者となり、翌2006年にはフジの2夜連続のスペシャルドラマ『おかしなふたり』で主人公の桜木直役に起用される。やはりお人好しキャラだった。

 その後も日本テレビ『ハケンの品格』(2007年)や同『赤鼻のセンセイ』(2009年)などで好人物を演じ続けた。素のイメージに近いから、やりやすかったはずだ。
ところが今では天下の嫌われ者に扮している。俳優として「専門店」から「総合百貨店」に変貌した。17年間で大泉が大きく飛躍したことが分かる。