知らないと恥をかく葬式マナー。コロナ禍を経て何がどう変わった?話題の「オンライン葬」から通夜や告別式を一切しない「直葬」、増加中の「遺体ホテル」まで最新のお見送り情報をQ&Aで!

コロナで変わった“古いしきたり”

 高齢者への配慮などから、参列者を招くことを控えることが多かったコロナ禍での葬儀。以前から都心部では、家族を中心に故人と特別に親しかった少人数だけが集まる「家族葬」が浸透していたが、最近は全国的にも規模を縮小した葬儀が一般化しつつある。

 通夜はひと晩じゅうにぎやかに過ごすなどのしきたりがこれまで受け継がれてきた地方でも、通夜や葬儀を簡略化し、ひっそりお別れをする形が多くなっていると葬儀コンサルタントの吉川美津子さんは言う。

「コロナ禍で葬儀の簡素化が地方でも一気に進みました。いったん変わってしまうと、コロナが落ち着いてもこの流れが変わることはないでしょう。また、できるだけ密を避けるため、前日に行う通夜を省き、儀式は葬儀・告別式を1日で済ます「1日葬」というものが、このコロナ禍で増えた印象があります」

「葬儀後の食事」も大きく変化

 葬儀の規模が小さくなっている中で食事のスタイルも大きく変化。

 以前は火葬場や葬儀場で仕出しをふるまうのが一般的だったが、最近は食事の席を省いた葬儀が多くなり、食事をするにしても会場をレストランなどの個室にして内輪だけで済ませるケースが増えているという。

 令和の時代になってますますお金をかけないスタイルに移行している最近の葬儀。いざというときのために遺族側や参列する側が知っておきたい最新の葬儀マナーについて、専門家にQ&A形式で質問をぶつけてみた。

Q.少し落ち着いたけどコロナが心配。オンライン葬があると聞いたけど?

 A.直接、顔が見えないオンラインは葬儀になじまないようです

「新しい葬儀スタイルとして、葬儀をインターネットで配信してリモート参列できる『オンライン葬』が一部で話題になりましたが、不特定多数の方が参列する100名規模の葬儀では、私が知る限り一般化しているとはいえません。

 葬儀はやはり故人を偲ぶ特別な場所。私も1度オンライン葬に参加したことがありますが、その場の空気を共有できないオンラインの世界は、葬儀になじまないのでしょうね。

 ただ、香典が電子決済できたり、記帳がデジタル化したりすることは今後急速に普及するかもしれません」(吉川さん、以下同)

イラスト/伊藤和人

Q.親族とはLINEでやりとり。SNSで訃報を伝えるのはNG?

 A.普段からSNSでやりとりをしている相手なら問題ありません

「訃報の連絡は、これまでは電話が主流でしたが、普段からメールやLINEなどで連絡を取り合っている相手なら、それらの通信手段を使ってもかまいません。葬儀をする場合に大切なのは、どんな通信手段を使うかではなく、日時と場所を正確にお伝えすること。FAXを利用するのも問題ありません。

 家族葬などの理由で参列を遠慮してもらいたい場合は、葬儀の日時と場所を伝えずに、訃報だけをお伝えするといいでしょう」

Q.諸事情で葬式を安く済ませたいが?

 A.儀式の類を一切省いた「直葬」だと費用は抑えられます

「お葬式をもっとも安く済ませるには、どんな方法があるかと聞かれることもあります。費用をなるべく抑えたいのなら、『直葬』というスタイルもあります。

 直葬とは、火葬式とも呼ばれていて、通夜や告別式などの儀式を省略し、ご自宅や病院、高齢者施設などお亡くなりになった場所から葬儀場などにご遺体を運んで一定時間(24時間以上)安置して、火葬だけで弔うお葬式のこと。

 
家族や親戚などごく親しい人だけで執り行われることが多く、出棺や火葬のときに僧侶にお経をあげてもらうケースもあります」

直葬の流れ
(1)病院、自宅、高齢 者施設など

(2)火葬場

一般的な葬儀の流れ
(1)病院、自宅、高齢者施設など

(2)葬儀社や斎場の安置所、自宅などに安置

(3)通夜、葬儀、告別式

(4)火葬場