横浜市の出身。地元の中学時代は、モテる部活動といわれるサッカー部に入った。

 分厚いメガネをかけていて「普通のまじめな男の子だった」(同級生の女性)と評する声がある一方、明るい性格でもあったという。

夫と息子を案じる母親のコメント

メガネをかけていた中学時代の大島潤容疑者(卒業アルバムより)
【写真】坊主頭に分厚いメガネ「普通のマジメな男の子」時代の容疑者

 高校から大学付属の私立へ。大学に進むとロックバンドを組み、雰囲気が変わってきた。

「服装はセンスのいいストリート系になり、黒いキャップをよくかぶっていた。バンドではギターを担当し、現在の仕事につながるカメラに興味を持つようになったんです」

 と知人男性は振り返る。

 周囲の話によると、長く恋人がいなかったが、3〜4年前に彼女ができたと友人らに報告しているという。

「紹介された友人によると、20代前半の彼女はおとなしい地味な感じの子だったそうです。もともと、若いアイドルっぽい女の子がタイプらしいんですが、いまも交際が続いているかどうかはわかりません」(前出の知人男性)

 ADとして下積みを重ね、ようやくディレクターとして金銭的に余裕ができたタイミングでの逮捕だった。

 実家を訪ねると、インターホンに出た母親は、

「夫が重篤な状態にあり、息子と面会できていないのでお話しできることはありません。もちろん心配はしています」

 と、ぽつり。

 大島容疑者が制作した有名アーティストのライブDVD。暗い会場の天井から柔らかいスポットライトが差し、イントロのギターが代表曲をつまびき始めると、早くも感極まった観客の女性が口元を押さえるシーンが差し込まれる。曲調に合わせて小刻みにカット割りしたり、観客の頭越しにアーティストをなめるように追ったり、客席の表情も随所に入れてライブの一体感を演出していた。

 なるほど、編集力は高いのだろう。しかし、いまさら少女にした都合の悪い行為をカットしたり、都合よく編集することはできない。