女優・冨士眞奈美が語る、古今東西つれづれ話。今回は、柳生博さんらについて。

球界の名士たち

 プロ野球が開幕して早々にロッテの佐々木朗希選手が完全試合という大記録を達成した。その後も、球審と一悶着あったりなど、あの若さで全野球ファンの注目の的になっているのはすごいこと。

756号のホームラン記録達成時には、多くの報道陣が集まった

 随分前、まだ佐々木選手と同じ年頃だった王貞治さんにインタビューしたことがある。

「プロ野球選手として成功するのは、すごいばかか、すごく頭がいいか、どちらかですよ」

 王さんは当時まだ20歳だったのに思慮深い口調でこうおっしゃっていた。そのインタビューでは、読書が好きで、特に推理小説が好きだと教えてくれた。

 一方、長嶋茂雄さんは、本当に天然なお方。真正・長嶋主義者として何度かお会いしたことがあり、私の弟がとびきりの栄養剤をくれたので、長嶋さんに送って差し上げたことがある。

「長嶋です」

 数日後、そう名乗る電話がかかってきた。「え?」、もしかして─、「あの長嶋さんでしょうか?」と聞き返すと、電話口の向こうから「そうです、あの長嶋です」と、明るく独特の口調で返ってきた。

長嶋茂雄

 なんでも、奥さまと飲んでみようと思ったけれど、飲み方がわからないので直接聞きたくて連絡をしてきたのだとおっしゃった。飲み方を説明すると、そのお礼として、後日、立派な胡蝶蘭が届いた。いただいたのは美しい胡蝶蘭だったけれど、やっぱり長嶋さんは、ひまわりのような人だと思う。

 海の向こうでは大リーグが開幕し、大谷翔平選手の躍動感あふれるプレーを見るのが、日課になっている。私は一挙手一投足に注目し、ついには大谷選手が、「ブロッコリーと鮭を食べている」と聞いて、まねて食べるようになってしまった。どれだけ大谷選手が好きなのかと、自分でも呆れるくらい。どちらもアンチエイジングにもいいみたい。がんで亡くなる人が多いから、私も食生活に取り入れ、長寿を願いたいもの。大往生できたら大谷翔平サマサマ、よ。