相葉雅紀インタビュー

「自分が持っている力をすべて吐き出してやり切りたい」12年ぶりの舞台への意気込みを語る相葉雅紀。信頼を寄せる演出家とのタッグで新境地に挑む――。

厳しくも深い“愛”

「僕がお芝居をするうえですべてを作ってくださった先生なので、また一緒にお仕事ができてうれしく思う反面しごきに耐えないといけないのか。そういう状況に12年たって乗り込んでいく自分がどう感じるのか楽しみです」

 12年ぶりの舞台『ようこそ、ミナト先生』に主演する相葉雅紀。

 “お芝居の先生”とは、演出家の宮田慶子。『燕のいる駅』(2005年)、『忘れられない人』('07年)、『グリーンフィンガーズ』('09年)、『君と見る千の夢』('10年)と、アイドルグループ、嵐としてデビュー後に相葉が主演した舞台の演出を担当し、5作目の本作で久しぶりにタッグを組む。

「宮田先生にはいろいろなことを指摘いただくので、稽古に入るととても怖いです(笑)。以前、集中していないと稽古時間が残っていても“はい、終わり。やっても意味がないので自分で考えてきて”と言われたことがありました。先生は毎回、舞台と心中する覚悟でやっているとおっしゃっていました。今回もその気持ちや思いと同等、それ以上に(演技で)返さないといけないと思っています」

 怖い存在の宮田だが、デビュー当初から現在に至るまで相葉の成長を見守ってくれているひとりで、プライベートでも交流があり信頼を寄せている。

「(放送を見て演技について)僕が悩んでいるのを察してドラマの撮影現場に来てくれたことがあります。ひとりの演出家ではあるけど、それを越えた愛を感じました」

 この12年は、国民的人気の嵐の一員として活躍し個人でもレギュラー番組を抱えてドラマ、映画にも出演し多忙を極めた。

「1か月稽古、1か月公演の舞台はグループ活動をしているときは時間をつくるのが難しかった。でも活動を休止していろいろ自分のことを考えるようになって、舞台に挑戦したかったです。あえて厳しい環境に飛び込むという自分のためよりも、単純にいい作品を作りたいという思いが強いです」