「現在、解離性障害に加えて多重人格と診断されていて、自分の中に11人の人格があるんですよ」

 タバコをふかしながら、いしだ壱成は寂しげにこう呟く。

 昨年末、移住先の石川県で3度目の離婚後、知人のツテを頼り群馬県内のホテルに身を寄せるも、そこでもギャラを巡ってトラブルが勃発。元マネージャーたちとの険悪な関係に耐えられなくなり、今年3月下旬に逃げるように東京へ戻ってきた。

彼女と僕は“ツインソウル”

「石川県では、クラウドファンディングのトラブルの損害を賠償したり、他人に100万円を持ち逃げされたりと散々でした。作家さんや美容師さんといった方々に借金もしていましたね」(壱成、以下同)

'95年のドラマ『未成年』(TBS系)で共演したあの俳優からも、お金を借りている。

「4~5年前、河相我聞くんに20万円貸してと頼んだら“いいよ、いいよ”って貸してくれて。これもまだ返せていないので、次に会うときまでに用意しないと……。現在、借金の総額は270万円ほどだと思います」

 負債を抱えながら始まった東京での生活。どのように今日まで生き抜いたのか。

「群馬県から友人の車で六本木に降り立ったときの所持金は、わずか7000円。まず、今後のことを相談しようと父(石田純一)に電話しましたが“引っ越しや離婚危機で助けられる状況じゃない。1000円だって厳しいんだ”と言われ、次に母親に電話したら“ヤダ”とガチャ切り。早々に家族に助けてもらえる可能性はなくなりました」

 八方ふさがりで野宿も覚悟した壱成だが、頼れる人を思い出す。

「中部地方に住む独身女性のAさんです。彼女と僕は“ツインソウル”なんですよ」