SNS運用のコンサルタント事業を行う株式会社withera。'20年に設立、ものの2年で年商1億円に急成長した企業だ。社長を務めるのはあいめこさん(30)。

 会う前までは『バリキャリの女性』を想像していたのだが、記者の前に現れた彼女はふわふわのワンピース、厚底サンダル、ネイル……“可愛らしい”という言葉がよく似合い、一般的な女社長のイメージとは異なっていた。

 その見た目とは裏腹に内面は「努力と根性」の塊。しかし、その成功の裏には挫折と苦しみが隠されていて……。その軌跡を聞いた。

◆   ◆   ◆

本社を滋賀県に置く理由とは

 あいめこさんは“日本初のオンラインキャバクラ”の第一人者でもある。オンラインキャバクラとは、スマホやパソコンによるリモートで女性従業員との会話を楽しむことができるシステム。新型コロナウイルス感染拡大により、外出自粛が続いたことで飲みに行けなくなった顧客と飲食店の女性従業員をマッチングさせようとしたことに始まる。

 あいめこさんはこの仕組みにいち早く目をつけ、'20年4月にマッチングのシステムを立ち上げたのだ。

「メディアで『初』と取り上げてくださったり、社会的にも意義があることだと言ってくださったのがうれしかったし、自分に自信がついて、これをきっかけに会社を立ち上げました」(あいめこさん、以下同)

 コロナ禍でのつらさをむしろ逆手にとって誰よりも早く行動したことが成功への第一歩となった。特に決断力とスピードがないとSNSの波には乗れなかったと語る。

「誰もやっていない突拍子もないことをして突き抜けないと、人の興味を引くことはできません。特にネットの世界は思い立ったらすぐ行動するのが鉄則です」

 現在はSNSの運用代行や商品の開発、販売・促進などの事業コンサルを手がけている。得意なのは商品をバズらせること。無印良品の『アロマオイルミスト』や小林製薬の『命の母ホワイト』などの商品をSNSで拡散するとユーザーがそれに食いついた。商品は店頭で品薄になるなどし、話題になったこともある。

 本社を地元の滋賀県に置いているのもあいめこ流。リモート時代の強みを生かし、同社ではどこに住んでいても仕事ができるような仕組みを作った。SNSの運営代行を行う所属メンバーも日本全国に散らばり、在宅で自由な時間に働いている。育児をしながら仕事をするシングルマザーも少なくない。