《今後の人生では間違いを起こさない事を誓います》

 5月31日の深夜、新たにアカウントを開設したばかりのインスタグラムに、人知れず謝罪文を投稿したのは元『BOYS AND MEN』の小林豊だった。

「小林さんは東海地区のご当地アイドル、通称『ボイメン』メンバーのひとり。グループからの卒業を発表する予定だった4月8日の夕方、実は昨年10月に万引きをして警察に連行されていたことが『文春オンライン』に報じられたのです。小林さんは即日、事務所を事実上のクビになりました」(スポーツ紙記者)

母が語る「息子は謝罪することすらできない」のワケ

小林豊本人のものと思われるSNSにはファンへの謝罪が

 小林は'10年から『ボイメン』での活動をスタート。'13年には『仮面ライダー鎧武』(テレビ朝日系)に出演し、ブレイク。グループでは特に人気のあるメンバーだった。

『ボイメン』は長年にわたり愛知県警の広報大使を務めていたことも。逮捕こそされていないが、あまりにも皮肉な不祥事となってしまった。

事件が発覚してクビになった後、小林さんからファンへの言葉は何もないまま。それがここにきて謝罪発表とは、当初の卒業予定だった5月末まで待っていたのかもしれません」(同・スポーツ紙記者)

 だが、そうではない。謝罪発表前、週刊女性はある人物からの電話で内情を知っていた。

 5月下旬の午後9時過ぎ、週刊女性記者の携帯に“非通知”の文字が浮かび上がった。

「もしもし……。小林と申します。お手紙を読み、電話させていただきました」

 電話口からは、消え入るように話す女性の声。電話の主は小林の母親だった。事件発覚直後の4月中旬、週刊女性は滋賀県にある小林の実家を訪ね、取材したい旨を記した手紙を置いてきていた。

苦しくて……どうしていいのか、わからなくて……。謝罪することすらできないんです」(以下、小林の母親)

 どういうことか。母親は、涙ながらに言葉を紡ぐ。