お笑いトリオ『ダチョウ倶楽部』の上島竜兵さんが、突然この世から去って早1か月が経とうとしている。さまざまな番組で追悼企画が組まれ、親交のあったタレントたちが在りし日の思い出を語るなど、あらためて上島さんが多くの人々に愛された芸人であったことを実感させられる中、“愛弟子”の一人・有吉弘行が明かした上島さんの葬儀でのエピソードが、ネット上で物議を醸す事態となった。

 5月11日午前0時頃、自宅で倒れているのを妻に発見された上島さん。その後、救急搬送された病院で死亡が確認され、帰らぬ人となってしまった。

僧侶をトイレまで追いかけた

「朝のワイドショーで上島さんの訃報が伝えられると、日本中が大きなショックを受けるとともに、深い悲しみに包まれました。それは番組出演者も同じことで、例えば、上島さんと同じく“芸人”である加藤浩次は、MCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)で、『上島さんが? ウソでしょ?』と語るなど、動揺を隠せない様子でした」(芸能記者)

 そんな中、上島さんを慕う芸人たちが集う「竜平会」の一員で、“愛弟子”として知られる有吉を慮る声が、SNSを中心に飛び交うことに。訃報が流れた直後から、有吉の名前がTwitterでトレンド入りするほど、注目を集めていた。

「有吉は1996年、お笑いコンビ『猿岩石』時代に、『進め!電波少年』(日本テレビ)の『ユーラシア大陸横断ヒッチハイク』企画で大ブレイク。しかし、その後は人気が低迷し、仕事もなくなり、コンビは解散……と、絵に描いたような“転落”を経験しました。

 そんなどん詰まりの時に、有吉を救ったのが上島さん。竜平会の飲み会に呼び出してはご飯を食べさせ、タクシー代を渡すなど、精神的、経済的にも有吉を支えていたというエピソードはあまりにも有名な話です。上島さんの突然の死に、有吉がどれほどのショックを受けたのかと心配した人は、業界内外問わず大勢いたと思います」(同・前)

 有吉は、5月15日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系列、以下『サンドリ』)に生出演し、上島さんを追悼。通夜と葬儀、また火葬場にも参列したほか、「二人きり」の時間も設けてもらったといい、「ちょっとツッコんでやろうかなとか、茶化したりとか、『バカだな』とか言おうかなと思ったけど、ダメだね、やっぱ。お礼しか出なかったね。本当にもう『ありがとうございます』っていうことしか」と、涙をこらえながら明かしたのだった。

 そんな有吉がテレビで語った上島さんの葬儀のエピソードが、一部ネット上で批判されているというから驚きだ。

 有吉は6月3日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、タレントの松村邦洋が葬儀で見せた“奇行”を暴露。松村は上島さんの葬儀で、「お焼香の数がわからない」と言って、参列者に「何回やんの?」と聞いて回り、ずっと練習していたとのこと。また僧侶のお経を大声で真似し、島崎和歌子から叩かれていたとも話していた。

さらに松村は、僧侶をトイレまで追いかけて行って、どこの宗派なのかを聞いていたそうで、有吉は『異常でしょ?』『みんな泣いてんのに、お坊さんに夢中』と言って大笑い。有吉は『サンドリ』で、上島さんの葬儀は“笑っちゃうようなこと”もあったと話していましたが、これもその一つなのでしょう。

 共演者のマツコ・デラックスは、突然、葬儀の話題が出たため少し驚いていたものの、最後には松村のことを『尊敬している人の一人』として、話をまとめていました」(テレビ局関係者)