女優でモデル、歌も歌うし、ジュエリーのデザインも。もうすぐ70歳になる夏樹陽子は今もマルチに活躍している。

還暦のときにたくさんバラエティー番組の仕事がきたんですよ。やっと落ち着いたら、もう70歳でしょ。でも、今が楽しいんですよね。ディナーショーやライブを毎年10か所くらいやっていたんですが、コロナ禍でキャンセル。そういうときもあるって考え直して、ワンコと遊ぶために『アルファード』買いました!」

 1人で乗るのは鮮やかなイエローの『フェラーリ』。デビューのころと変わらないスタイルだからサマになる。

女優デビューは千葉真一の相手役

「スリーサイズは上から85、65、90。昔の衣装はまだ着られますね。学生のときにスカウトされてモデルに。男女雇用機会均等法ができる前は男性のように稼げなかったそうですが、モデル業は男女差がなかったんです。5年やってトップまでいったときに、モデルはおばあさんになったらできないけれど、女優ならばできるかなと思って転身しました」

 デビュー作は'77年の映画『空手バカ一代』。千葉真一さんの相手役だった。

「空手ブームだったんですよね。初めてで自信なかったんですが、千葉さんから“初めてにしては、よくやってるよ”と言っていただき、ホッとして涙が出ました。モデルあがりなんて1年もたないだろうと言われていましたが、3年、5年と頑張って。結婚したときに仕事をやめてもいいかなって思ったけど、やっぱり女優をしているときがいちばん、心が安らぐことに気づきました

 同じ年に公開の映画『トラック野郎・度胸一番星』では、菅原文太さんと共演した。

「撮影は朝9時からですが、主役の文太さんは、お昼になっても現場に来ない。夕方になって現れて“オッ”と手を上げて撮影所に入ってくる。“待たせて悪かった”とかはなし。『トラック野郎』は当時“ドル箱”だったから、主役やっている人はこんな感じなんだなって」