美智子さんがYouTubeデビューしたのは今から2年前、なんと85歳のとき。

85歳のユーチューバーの世界観

「趣味の絵手紙や手芸などを映像に残せたら、私が死んだ後、子どもたちが見て思い出してくれるかも……とYouTubeに興味を持ったんです。当時中学生でパソコンが得意な孫に相談したら“手伝うよ”と言ってくれ、始めることができました」(美智子さん、以下同)

 最初は親族が見る程度だったが、スタートして2か月後、部屋紹介の動画をアップすると再生回数が160万回を突破。いちやく人気“ユーチュー婆”に。

 美智子さんの住まいは55年前から住んでいる団地。子どもたちはみな独立し、夫は7年前に他界。現在はひとり暮らしだ。

「団地は家賃も安く、管理もラク。半世紀以上を過ごしてだいぶ古ぼけていますが、居心地のいいように整え、愛着があり、私にとってはすてきな“城”なのです」

 部屋だけでなく、YouTubeでは日々の食事や編み物や針仕事、絵手紙、花壇の手入れなど、生活にまつわるさまざまなことを紹介している。おひとり様となると時間を持て余す人も少なくない中、美智子さんはやることがいっぱいだ。

「夫は9歳年上でしたから、いずれひとりになるのは覚悟していました。だから夫が生きているころから、自分が楽しめることはいろいろとやっていたんですよ」

 多趣味なうえに習い事もしているが、美智子さんのすごいのは、ほとんどお金をかけていないこと。

「戦中派で食べ物がない時代に育ったし、結婚してからも余裕はなかったので、ムダなお金は使わないことが染みついています。習い事は市民センターが開催しているものなので格安。読書も好きなのですが、読書仲間から本が回ってくるので、みんなで楽しんでますね」

 健康管理にも特別お金をかけず、終活も少しの予算で充分だという。美智子さんの暮らしには、豊かな人生を送るためのヒントがたくさん詰まっていそうだ。