世の中には「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」だけでなく、「ヤバい男=ヤバ男(ヤバダン)」も存在する。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、芸能人や有名人の言動を鋭くぶった斬るライターの仁科友里さんが、さまざまなタイプの「ヤバ男」を分析していきます。

第23回 才賀紀左衛門

 内閣府が6月14日に発表した「男女共同参画白書」によると、20代男性の約7割、20代女性の約5割が「配偶者、恋人がいない」そうです。「若者の恋愛離れ」を示す1つのデータなのかもしれませんが、その一方で、何度も恋愛や結婚を繰り返す人がいるのも事実なのです。格闘家・才賀紀左衛門もその1人です。

 才賀はバツ2で、一般人女性との初婚では2人のお子さんをもうけましたが離婚、お子さんは女性側が引き取りました。次にタレントのあびる優と再婚し、お子さんが生まれましたが離婚、才賀が親権を持ち、育てています。シングルファーザーとしての子育てをブログにつづっていた才賀ですが、一般人女性との交際が話題を呼び、ネットニュースの常連となっています。女性の妊娠を機に事実婚に踏み切ったそうです。

結婚会見を開いたあびる優と才賀紀左衛門('14年9月19日)

「若者の恋愛離れ」を示すデータがでる一方で、何度も恋愛や結婚を繰り返す才賀のブログがニュースになる。いったい大衆は恋愛に興味があるのかないのか。疑問に思いながら、才賀のブログを読んでみて思ったのです。このブログを恋愛や結婚のカテゴリに入れるのは、間違いだと。

エンタメの主流はイライラに変わりつつある

 恋愛の醍醐味のひとつは、見ている側をハラハラドキドキさせることでしょう。しかし、最近のエンタメの主流はイライラに変わりつつあると言えるのではないでしょうか。

 ある編集者に、「ウェブニュースで数字(PV=ページビュー)を取る記事はマウンティングとモラハラだ」と聞いたことがあります。マウンティングというのは、自分のほうが“上”であることをいちいち言葉や態度で示すこと、モラハラというのは経済的な優位性を理由に、夫が妻(または妻が夫)に経済的・精神的な虐待を加えることを指します。

 マウンティングやモラハラをされて楽しい気持ちになる人はいないでしょう。それなのに、自分からそういう記事を求めて、わざわざクリックしてしまう。それは多くの人が実際に経験するのは嫌だけれど、エンタメとしてイライラしたいのだと思うのです。よく女性誌で「人のSNSを見てイライラしてしまう」というお悩みがのっています。見るのをやめさえすれば済む話ですが、それができるなら相談はしないでしょう。実はこういう人は「SNSを見てイライラしてしまう」のではなく、「イライラしたいから、SNSを見ている」のではないでしょうか。

 イライラがエンタメになるといえば、今年の4月から『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)という番組が始まりました。日常生活でのイライラ、イライラするオンナをテーマに女性ゲストがトークを展開していきます。こういう番組は一歩間違うと「オンナによるオンナ叩き」になってしまい、出演者の好感度が下がってしまったり、番組自体の印象が悪くなってしまいがちです。しかし、この番組はゲストが芸達者で、他人へのイライラだけでなく、自分のヤバい点も明かしているので、うまくバランスが取れていて面白いと私は思います。仮にSNSで騒がれたとしても「うまく人をイライラさせた」という意味では、成功と言えるのではないでしょうか。

 わざとなのか、それとも素なのか、才賀はブログにおいて、ヤバい発言を連発し、うまいことイライラを提供しているなと思うのです。