今年の夏は数年ぶりにレジャーを満喫できそう☆ ということで!より安く、よりお得に楽しむための裏ワザを徹底リサーチ。レジャー施設や交通、宿泊施設などで使えるクーポンの入手法や県民割を最大限に生かすスゴテクなど、12個のワザをご紹介。

待望の都民割がついに復活!

 今月1日から大阪の府民割「大阪いらっしゃいキャンペーン」が再開。東京でも、待望の都民割「もっとTokyo」が今月10日に再開された。こういった都道府県民割は現在停止中の「Go Toトラベル」の代替措置として実施しているお得な観光支援事業で、政府は現在、エリアを全国に拡大する調整に入っている。上手に使えば相当お得になるキャンペーンだ。

 また、このほかにもレジャーを少しでも安く楽しむためのワザはたくさんある。

「夏は、夏休みやお盆休みといった長期休暇があり、まさにレジャーのハイシーズン。宿泊施設や交通機関なども高値になりがちですが、工夫をすればお得にレジャーを楽しむことができます」と節約アドバイザーの丸山晴美さんは言う。

 例えば、前述の都道府県民割だけでなく、自治体独自のキャンペーンも一緒に利用してもっと安くしたり、うれしい割引サービスが多いシニア割を上手に利用したり。

「久しぶりに夏を満喫できるので、思いっきり羽を伸ばしたいですよね。秋も冬もエンジョイできるよう、割引サービスを最大限に使って節約しつつ、夏レジャーを楽しみましょう!」(丸山さん、以下同)

得ワザ1. 夫婦で2万円超お得
県民割&自治体キャンペーンのダブル使いで超お得に遊ぶ!

 Go Toトラベルの代わりに始まった都道府県民割。現在は同じ県だけでなく、近隣の県にまたがった地域ブロックも対象になっていて、都道府県によって違いはあるが、1人1泊あたり最大5000円割引に、レジャー施設やお土産店で使えるクーポン券が最大2000円分もらえる。

「これだけでも十分お得ですが、裏ワザとして紹介したいのが、県民割と自治体独自キャンペーンの併用です」

 例えば、札幌市は独自に「サッポロ割」というキャンペーンを行っていて、1泊最大3000円割引&地域クーポン2000円分がもらえる。

 このサッポロ割は施設や居住地の条件によっては県民割と一緒に使うことが可能なので、例えば1泊1万3000円のホテルなら、宿泊代が5000円+3000円で8000円も割引になるうえにレジャー施設などで使える4000円分のクーポンまでもらえるのだ。実質1万2000円引きなので夫婦で2万円以上お得に。札幌以外には、長野県諏訪市や新潟県上越市、石川県金沢市などもキャンペーン中だ。

「レジャー旅の行き先が決まったら独自のキャンペーンがないか、自治体のHPを確認したり観光協会に問い合わせするのがおすすめです」

県民割+自治体キャンペーン→お得2重ドリ!