「東京ドームという大舞台で戦えたこと、まずは1つうれしく思っています。そしてしっかり勝利という形で迎えることができてよかったです。今回、歴史が変わるような試合になるという発言をしたので、僕自身がしっかり勝たないとなというのは思っていました」

 6月19日に東京ドームで開催された『THE MATCH 2022』。キックボクシング界のスター・那須川天心と、K-1スーパーフェザー級王者・武(たけ)尊(る)との戦いに注目が集まる裏で、闘志を燃やし躍動した男がいた。キックボクサーの江幡睦(むつき)だ。

「彼は弟の江幡塁選手とともに“双子ファイター”としても知られていますが、一昨年にこの世を去った三浦春馬さんとは、幼なじみで親友同士でした。試合から約1か月後の7月18日は、春馬さんの三回忌。睦選手は今回の晴れ舞台に臨むに当たって、 “春馬のためにも絶対に負けられない”と周囲に明かしていたようです。試合は延長にもつれ込む緊迫した展開でしたが、最後は2対1の僅差で江幡選手が判定勝ちしました」(スポーツ紙記者)

 ‘16年3月には、後楽園ホールで行われた塁の試合を春馬さんが応援に来ていた。

'19年の大みそかに行われた塁選手の試合でもセコンドとして花道を歩いていましたね。江幡兄弟も春馬さんが'16年と'19年に主演を務めた舞台『キンキーブーツ』を鑑賞しに行ったりと、ずっと交流を続けていたんです」(同・スポーツ紙記者)

'16年江幡塁の試合を見守る三浦春馬さん。「よっしゃあ!」とエキサイトする一幕も

茨城県土浦市にやってきた春馬さん

 強い絆で結ばれていたようだが、春馬さんと江幡兄弟はどのような幼少期を過ごしていたのか。彼らの地元である茨城県土浦市で話を聞くことができた。

春馬くんが土浦に来たのは小学5年生のころ。当時の彼はすでに子役としてテレビや映画で活動していたので、ちょっとした有名人でした。ダンスのレッスンにも通ったりしていたので、放課後はけっこう忙しかったはず。引っ越したばかりのころは、周囲ともなかなかなじめなかったみたいだね。なので、彼のお隣さんが飼っていた犬と遊んだり、自宅前の道で1人でサッカーボールを蹴ったりして、時間をつぶしていましたよ」(近隣住民)

 孤独を感じていた彼の少年時代は、近所に住んでいた江幡兄弟と出会ったことで一変する。

年齢も近かったため、すぐに意気投合。お互いの家に遊びに行ったり、夏祭りではしゃいだりと、いつも3人で一緒にいましたね。彼らの仲は進学しても変わらず、高校生のときには春馬くんが髪を切るのに、わざわざ江幡兄弟が付き添っていたなんて話も」(同・近隣住民)