「みんな、元気だったでしょうか?」

 6月3日、3年ぶりとなる全国ツアー『こんど、君と』が福島県からスタート。小田和正が優しく呼びかけると、客席を埋め尽くしたファンから大きな拍手が沸き起こった。

声が出ない困難に直面

「前回のツアーの最後、小田さんは“また逢おう!”と約束していましたが、コロナ禍でコンサートは開催不可能に。積み重ねたいろいろな感情があふれたのか、どの会場でも涙ぐむ姿を見せています。74歳8か月での全国アリーナツアーは、矢沢永吉さんを抜いて男性ソロアーティストとしては史上最年長です」(音楽ライター)

 15日には8年ぶりのオリジナルアルバム『early summer 2022』を発売。11月の横浜アリーナ公演まで、全国16か所で34公演を予定しているが、ツアー中の9月に小田は75歳になる。

「小田さんの持ち味はハイトーンボイス。澄んだ声で高音のメロディーを歌います。若いころと同じように声を出すのは簡単ではないはずですが、小田さんは衰え知らず。

 ただ、昨年末のウェブメディアのインタビューで、《72から73になる時に、ああ、声がちょっと出にくいなっていう感じがあった》と語っているように、“声が出ない”という困難に直面していたそうです。ちょうどコロナ禍が始まったタイミングで、歌う機会がなくなっていたことが影響したのかもしれません」(同・音楽ライター)