7月10日に行われる参議院議員選挙。円安・物価高に揺れる日本の未来を占う大事な選挙ではあるが、同日に放送される特別番組にも注目が集まっている。

「TBS系の選挙特番『選挙の日 2022私たちの明日』です。爆笑問題の太田光さんがスペシャルキャスターを務めるのですが“また”炎上しないか、関係者はヒヤヒヤしています」(制作会社関係者)

 太田は昨年10月の衆院選特番『選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ』(TBS系)で、政治番組の初MCを務めたが、番組内での発言が物議を醸した。

中継インタビューで自民党の二階俊博元幹事長に“人相が悪い”とか“いつまで政治家を続けるつもりか”と発言したり、小選挙区で落選した同じく自民党の甘利明さんにも“ご愁傷さまでした”と笑みを浮かべながら声をかけたり、忖度なしの大胆発言を連発。ネット上でも“さすがに失礼では?”という意見が飛び交いました」(スポーツ紙記者)

“零票確認”をする姿も目撃されて

 炎上を招いたにもかかわらず、前回に続き国政選挙の特番に出演することになった太田。政治問題に関しては一目置かれているようだが、彼の自宅周辺からもこんな声が。

太田さんの政治への関心の高さは本物ですよ。近所でも期日前投票の会場や、投票日の早朝に見かけたと話題になります。“零票確認”もしているそうですよ」(近隣住民)

 零票確認とは、選挙の不正を防ぐため、最初の投票者が投票箱が空かどうかを確認すること。公職選挙法にも定められているルールである。

「投票は日曜日の朝7時からですから、一番乗りを目指すには7時前に投票所に到着している必要があります。日曜日は朝9時54分からTBS系の『サンデージャポン』の生放送もあるので、どちらにせよ早い時間に投票しないとオンエアに間に合いませんけどね」(同・近隣住民)