6月20日、加山雄三(85)が年内でコンサート活動から身を引くことを表明。

 橋幸夫も昨年、80歳を迎える'23年5月に歌手を辞めることを発表するなど、往年の名歌手が相次いで引退宣言している。

時代を彩った引退宣言の数々

 これまでにも、突然の宣言で周囲を慌てさせたり、いまや伝説となった引退劇の数々が。そんな時代を彩った芸能人の引き際を、心に刺さる言葉とともにプレーバック。

キャンディーズ

「普通の女の子に戻りたいんです」

キャンディーズ

 人気絶頂だった '77年7月のコンサートで、ファンに向けて突然の解散宣言をし、ラン(伊藤)が泣き叫ぶようにこう発言。その後、 '78年4月に後楽園球場でお別れコンサートを行い、4年半の活動に終止符を。

 しかし、ランとスー(田中さん)は '80年、ミキ(藤村)は '83年に芸能界復帰。再結成は叶わなかったが、私生活ではときどき3人で集まっていた。

山口百恵

「私のわがまま許してくれてありがとう。幸せになります」

山口百恵

 '80年3月に三浦友和との婚約発表と同時に引退を宣言。同年10月には日本武道館でファイナルコンサートを行い、ファンにこうメッセージを。

 ラストの曲『さよならの向こう側』を歌い終えた直後に一礼して、マイクを大事そうに両手で握り静かにステージ上に置く姿は、いまでも伝説として語り継がれる名シーン。

都はるみ

「普通のおばさんになります」

都はるみ

 人気、実力ともに絶頂期だった'84年3月に引退宣言し、この言葉が話題に。デビュー20年、出場20回となった『NHK紅白歌合戦』で芸能生活に別れを告げた。

 しかし、'87年に音楽プロデューサーとして活動を再開すると、'89年には紅白に出場し『アンコ椿は恋の花』を熱唱。歌手活動を本格化させ、紅白には通算で29回の出場を果たした。