2級ファイナンシャル・プランニング技能士資格を持ち、資産運用アドバイザーとしても活躍する俳優の崎本大海さん。

 2022年4月には著書『もうお金で悩まない』を刊行し、SNSやブログでもマネーリテラシーの啓発を熱心に取り組んでいます。

 背景にあったのは、崎本さん自身が借金に苦しんだ20代の経験。数百万円もの借金を抱えていた崎本さんは、30代でどう人生を立て直していったのか。子育て世代に向けたメッセージと共に、その半生を伺いました。

――著書『もうお金で悩まない』の冒頭では、子役時代から借金などに苦しんだ20代。そして、自身の生活設計を見直した30代の現在までを振り返っていました。当時はどのような感覚で生活していたのでしょうか?

当記事は『女子SPA!』(運営:扶桑社)の提供記事です

崎本大海(以下、崎本):何だろう、自分が自分じゃないというか。収入と支出の管理とは程遠かったですし、貯蓄や将来設計についても完全に上の空だったなと思います。ポルシェに乗っていても、ガソリンが入れられず彼女に「ガソリンメーターがゼロになっている! なんで早く言わないの!」と怒られたり、今思えば恥ずかしい経験でしたね。身の丈を超えてお金を使っていたし、常に足元に落ちている小銭を探すような、所在なく生活している感覚でした。

慶応義塾大学法学部へ進学、学費はギャラで

――6歳から芸能界へ身を置いていると聞きました。子役として大河ドラマ『徳川慶喜』で主演の本木雅弘さんと共演するなど、中高生の時代までの貯金もあったのかと思います。子役時代のギャランティは、どのように管理されていたんでしょうか?

17歳の崎本さん。当時は都内でも有数の進学校である海城高校に通いながら俳優業を継続していた

崎本:当時のギャラについては、母親が管理してくれていたんだと思います。実は、自分自身ではよく分かっていなかったんですよ。子役時代は、基本的にはお小遣いをもらっていて、あとは、どうしても欲しいものがあるときだけイレギュラーにもらえるくらいで。

 贅沢な暮らしをしていたかと言われれば、けっしてそうではなかったと思いますね。高校卒業後は、慶応義塾大学法学部へ進学したんですけど、初年度の学費は自分のギャラから払いました。たぶん、当時あった僕の貯金を丸ごと学費に当てていたのかなと思います。