SixTONESが発売した7枚目のシングル『わたし』が好調だ。初週売上は47万枚を記録し、6月15日に公開したBillboard JAPAN 総合ソングチャートの「Japan HOT100」で1位を獲得。公式YouTubeのMV再生回数は6月末時点で1200万回を超えるなど注目を集めている。

SixTONES – わたし [YouTube ver.] / Watashi [YouTube ver.]

 新曲『わたし』は、ダンスや振り付けは最小限で、個々の歌唱力や表現力が際立っている。メンバーの松村北斗(27)が出演したドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)の挿入歌としても、起用されている。これまでに13曲のタイアップを経験したSixTONESの歌声の魅力とはーー。

『THE FIRST TAKE』や『題名のない音楽会』出演の独自性

 SixTONESは2020年1月に、ジャニーズ史上初となるSnow Manとの2組同時でデビューした。デビューして3年目に突入した彼らは、ドラマや映画、バラエティー番組でも目にする機会が増えた。

 SixTONESはデビュー前の2019年に「ジャニーズをデジタルに放つ新世代。」のコピーとともに、日本初の「YouTubeアーティストプロモ」キャンペーンに抜擢。同キャンペーンはYouTubeが世界で展開し、各国の注目アーティストと連携しプロモーションを行うもので、他国ではBTSやショーン・メンデスなども起用された。「新たな道を作って行く」独自の方向性は、デビューしても変わらない。

 そのひとつが、アーティストが“一発録り”で歌唱を披露し、度々話題にもなるYouTubeチャンネル『THE FIRTST TAKE』への登場だろう。'22年1月1日に突如ツイートで予告され、その日のうちに公開。ジャニーズ事務所から同チャンネルへの出演は初めてのことで、またたく間にSNSで拡散された。

SixTONES - Imitation Rain / THE FIRST TAKE

 また2022年4月には『題名のない音楽会』(テレビ朝日系)へ出演し、生のオーケストラをバックにデビュー曲の『Imitation Rain』を含む4曲を歌い上げ、彼らの新たな一面を披露した。

 デビュー曲『Imitation Rain』は、X JAPANのYOSHIKIによる作詞・作曲だったことも注目を集めた。雨音を思わせる静かなピアノソロのイントロから始まり、ジャニーズのデビュー曲としては珍しい雰囲気を醸し出している。

 YOSHIKIは彼らについてこう話している。

「メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ素晴らしいグループがどのように進化していくのか楽しみ」

 また、SixTONESがパーソナリティをつとめるラジオ番組にサプライズでゲスト出演した際には、彼らのパフォーマンスを次のように語った。

「SixTONESって実力があるんで元々。どういうふうに焼かれても煮られてもっていうのかな、元々が強いので」