秋篠宮さまと紀子さまが32回目の結婚記念日を迎えられた6月29日の午前中。次女・佳子さまのお姿は、横浜のシンボルである大観覧車の対面に位置するホテルにあった。

「乳がんの研究や診療の向上を目指す『日本乳癌学会』の創立30周年を記念した式典に臨席されました。佳子さまにとって、医療に関する公務に臨むのは初めて。いつになく緊張されたご様子でした」(皇室担当記者)

左右の車窓を全開にされて

 会場に出入りする佳子さまをひと目見ようと、炎天下、長時間にわたって待ち続けた女性が振り返る。

「ホテル付近の沿道に集まった人々を見つけた佳子さまは、車窓を開けて軽く会釈してくださいました。ただ、普段のようなお手振りはなく、少し不安げにも見えましたね」

 同学会の行事に皇族が出席するのは初めてであり、スピーチの内容にも注目が集まっていた。

「自分で日常的に行う“セルフチェック”と、専門家による定期的な検診によって、乳がんの早期発見の可能性が高くなると発言されました。脳裏に浮かんだのは、美智子さまのお姿です」(前出・記者)

'19年8月、美智子さまの左胸に乳がんが見つかった。初期の段階で摘出することができたのは、美智子さまが定期的に検診を受けてこられたからだといわれている。

「式典に臨むにあたって、罹患当時のご心境や“がん対策”について美智子さまに尋ねられたのではないでしょうか。佳子さまが神妙な面持ちで発せられるおことばには重みがありました」(同・前)

 40分間ほどの式典を終えた佳子さまは、安堵した表情で会場を後にされたという。

「ホテルの玄関先でお見送りをした数人の関係者に対し、佳子さまは、名残惜しそうに1人ずつご挨拶されていました。繰り返しお辞儀してから車に乗り込んだ後は、左右の車窓を全開にして、沿道の人々に笑顔を振りまいてくださいました」(前出・女性)

 コロナ禍の影響で外出を控えていたため、東京都外での公務に臨まれるのは約2年9か月ぶりだった。お出ましの機会を増やす中、7月12日、13日にかけては、北海道恵庭市で行われる『全国都市緑化祭』への臨席が予定されている。