前編より続く)

 都内や関東近郊に乱立する『きぬた歯科』看板。 “オッサン”の顔がどデカくプリントされた看板だ。その数340ほど。実はこの『きぬた歯科看板』は2種類ある。きぬた歯科は兄弟が院長を務める2つに分かれ、弟の『きぬた泰和』氏が院長を務める西八王子のきぬた歯科と、実兄である『きぬた久和』氏が院長を務める横浜市にあるきぬた歯科があり、経営はまったく別となる。

「兄弟仲は悪い」とともに話す2人が、初めて2人揃った“兄弟コラボ”看板を出した。先に話を聞いた弟・泰和氏は“真剣”“命がけ”の看板論を語ったが、兄の看板論は?

 弟も交え話を聞くと、それはまるでトムとジェリーのようで……。

看板の戦略を考えたのは弟?

(以降、兄・『横浜きぬた』の久和氏を「兄」、弟・『西八王子きぬた』の泰和氏を「弟」と表記)

 横浜のきぬた歯科の看板は今、いくつくらいあるのか?

「70カ所くらいかなぁ。弟とちょっと違うのは駅構内などにもあります」

7月5日に設置された初の“兄弟コラボ”看板

 弟の西八王子きぬたの看板は院長自身が看板のデザインに関わっているが、横浜は?

「弟はいろんなのを出すでしょう。デザインにしても設置場所にしても。僕としてはベーシックなものを大事にしているんです。イメージカラーをきちんと守って……」

「遊びがないんだよね。(兄の看板は)つまんない。硬いっていうか」

「横浜ってオシャレな街なんで(それに合う看板に)。彼もね、横浜に憧れてんですよ」

「はぁ!?」

(以下、看板と関係なく、八王子と横浜は“どちらが良い街か”で兄弟ケンカが始まったので割愛)

看板の戦略は僕が考えて、それに“石橋を叩いて渡る”うちの兄が追随しているんですよ

「まったく違う。弟は単純に虚栄心的なところがあるんですよ。うちは勝算を考えてやっている。ちょっとこの看板見てください、これ良くないですか?」

「小さい看板だよ。俺の見てみろよ、高速(道路)の。レベルが違う、レベルが!」

 兄によると、八王子・横浜の両院合わせて“いちばん最初の看板”は、横浜きぬたが建てたものだという。