7月1日の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)にデビュー25周年のKinKi Kidsが登場し、ジャニーズファンは大歓喜。

「SNSでは“神回”と絶賛する声もありましたね。ただ、世帯視聴率は7・8%と伸び悩みました。実は、『金スマ』は今年に入ってから2ケタを記録したことは一度もなく、5%を切ることも珍しくない。かつては20%をたたき出すこともあった人気番組ですが、このところ低迷が続いています」(テレビ誌ライター)

番組スタッフが刷新されて……

『金スマ』は'01年にスタートし、中居が司会者としての地位を確立した番組でもある。芸能人の波瀾万丈の人生を振り返ったり、ベストセラー本の検証をするなどさまざまな企画を扱ってきた。ところが、

最近ちょっと企画の傾向が変わってきたんですよ。芸人の所属事務所特集や人気タレントとの対談といった、バラエティーではありがちな企画が多くなりました。以前はシニア層を意識したタレントやテーマを選び、レギュラーパネラーには大竹しのぶさんや假屋崎省吾さんが起用されていたのですが、現在は不定期での出演となっています。ターゲットを若い世代に変えたようですね」(同・テレビ誌ライター)

SMA特集では、M-1王者の錦鯉ほか32名が出演(公式ツイッターより)

 昨今のテレビ業界では、広告収入に直結するといわれる49歳以下の“コア視聴率”を重視する傾向にある。全世代的にテレビ離れが進む中で、『金スマ』も番組内容の再検討に追われているという。

'20年の秋ごろから、総合演出とチーフプロデューサーをはじめとした番組スタッフを刷新しています。翌年の'21年には放送開始から20周年を迎え、大幅リニューアルを敢行。『ひとり農業』『社交ダンス』以外のレギュラー企画が消え、スタジオセットも一新しました」(同・テレビ誌ライター)