7月に入り、夏ドラマが続々スタート! 中でも“教師と生徒の禁断の恋”をテーマに、暑い夏をさらに熱く盛り上げてくれそうなのが『純愛ディソナンス』(7/14スタート、フジテレビ系、木曜22時)。謳い文句は“ドロドロエンターテインメント”で、早くも波乱尽くしの予感──。そこで、全国の20〜50代女性1000人に「ハマった教師と生徒の禁断の恋ドラマ」をアンケート。

1位『高校教師』(真田広之、桜井幸子)262票

 1位に輝いたのは'93年放映の『高校教師』(TBS系)。高校教師の羽村(真田広之)と生徒の繭(桜井幸子)の禁断の恋に、親子間での性暴力どを描いた作品で、最高視聴率は33%。約30年前の作品ながら、圧倒的支持を集めた。

『高校教師』で共演した桜井幸子、真田広之

「見たこともない衝撃的な内容」(45歳、会社員)、「いろいろヤバくて、今となっては問題がありすぎて見ることのできないドラマ」(46歳、アルバイト)と、アンケートでもそのインパクトの強さを挙げる声多数。ドラマ解説者の木村隆志さんは、「『高校教師』により日本のドラマはひとつの転換期を迎えた」と分析する。

「かつて教師と生徒の恋は禁断というよりコメディーが主流で、例えば'70年の『おくさまは18歳』もそう。その後、バブル崩壊を経て、トレンディードラマが飽きられつつあるなか、あえてタブーに挑戦したのが『高校教師』で実験的な側面がありました」(木村さん)

 脚本はヒットメーカー・野島伸司。『101回目のプロポーズ』('91年、フジテレビ系)をはじめ純愛モノで一時代を築くも、『高校教師』を機にシリアス路線へ。以降いじめや差別と社会の闇に切り込み、『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』('94年、TBS系)『未成年』('95年、TBS系)など問題作を発表していく。また桜井幸子も本作で認知を一気に高め、スター女優の道へ。

「野島伸司さんのドラマがドロドロ期に移行したのはこの作品以降のこと。単に教師と生徒という障害だけではなく、背景にさまざまな問題を描くことで視聴者を惹きつけていきました。二枚目の真田広之さんと無垢な美少女の桜井幸子さんという組み合わせもよく、ドラマに背徳感を与えた」(木村さん)

2位『中学聖日記』(有村架純、岡田健史)154票

 2位は『中学聖日記』('18年、TBS系)。中学教師の聖(有村架純)は生徒の黒岩(岡田健史)と恋仲に。しかし婚約者の川合(町田啓太)や黒岩の母(夏川結衣)ら幾多の壁が2人の前に立ちふさがり……。

2018年『中学聖日記』に出演した有村架純と岡田健史。アンケートでは映像が美しいと高評価

「現実味がありドキドキした」(30歳、アルバイト)、「主人公も脇役も切なさを抱えているのが伝わってきた」(42歳、専業主婦)。視聴率は1桁止まりだったものの、女性の共感を呼びランクイン。

「“聖”がセクシービデオを喚起させると揶揄され、放送開始時は損をした作品。実のところ非常に丁寧な作りで、主人公や周囲の人間の葛藤を無理なく紡いでいった。その結果、ドラマを見た人の満足度は高く、評価されました」(木村さん)

 岡田健史はオーディションを経て本作で俳優デビュー。

 アンケートでは中学生に見えないという意見も多々ありつつ、ピュアな魅力で視聴者の心をつかみブレイクを果たす。

「無名だった彼が演じながらどんどん成長していき、そこに視聴者も惹かれていった。ラストでは10歳上の先生と結ばれてもおかしくないくらいたくましくなり、物語に説得力を与えました」(木村さん)