「私が社長です!」のキャッチフレーズでおなじみなのが、有名社長の元谷芙美子さん率いるアパホテルだ。同ホテルを含む総合都市開発のアパグループが、4月1日に新体制へ移行した。

 代表取締役社長としてグループの管理部門を統括していた、芙美子さんの長男である元谷一志さんが社長兼CEOに就任。芙美子さんの夫である元谷外志雄さんはアパグループ会長となった。

アパホテル・芙美子社長、CD発売!

 芙美子さんのみ、アパホテルの社長として引き続き采配を振るうことが決まったが、このたび、会社経営とは違う新しい試みにチャレンジしたという。7月28日に3曲入りのシングルCDを発売するのだ。

「ちょっと喉の調子がよくなかったので、歌声がいつもよりも低い声なんです。でもそれが、ムードのある今回の曲には合ったみたい。録音したのを聞いたら気に入って、一発OKでしたね」(芙美子さん 以下同)

 メイン曲は演歌歌手で実業家の大川かずのりさんとの『銀座の恋人』で、初のデュエットデビューとなる。

 実は芙美子さんは2015年に『藤の舞』で歌手デビューしており、今回の『銀座の恋人』は自身のオリジナル曲としては第3弾だ。

 6年もの沈黙を破り、リリースに至ったきっかけは? ズバリ直撃した。

*  *  *

 歌手になったのは、2011年から審査員長を務めている視聴者参加型カラオケ番組『生×カラ!TV』(サンテレビ)がきっかけだという芙美子さん。同番組は28年続く人気長寿番組でもある。

「私が歌うコーナーもあるんですが、それがいつもとっても楽しみでした」

 その流れから、番組制作陣の後押しもあり、2015年に『藤の舞』をリリースする運びとなる。

「『ホテルの経営者で歌手』って、まずないでしょ?私は広告塔ですから、目立ったほうがいいと考えていて、やってみたんです。ほかにもお習字、小唄、踊り……。日本舞踊は名取になりました。

 小唄は竹枝みち素人(そと)、清元は梅光繭佳のお名をいただき、いまも裏千家のお茶は続けていて宗芙(そうふ)という助教授です。誠実に全力投球しているけれど、どれもプロじゃないの。器用貧乏なんです」

 そう言いつつも、新しいことに次から次へと挑戦し続ける。

「第2弾『能登の夜叉』(2016年)では作詞にチャレンジしました。私はもともと男っぽい性格なんですけど、情熱を秘めて好きな人を想う、女らしい色っぽい歌詞にしてみたんです。女性たちに、恋に仕事に全力投球してほしいという、私からのエールのつもり」

 今回の第3弾がデュエットになったきっかけは?

「『生×カラ!TV』に審査員で出演してくださるようになった大川かずのりさんが、本業は介護ケアサービスの株式会社エクセレントケアシステムの社長さんなんですけど、演歌歌手でもあるんですね。で、プロだから当たり前なんですが(笑)本当に歌がお上手でね。

 デュエットしませんか、と誘っていただきまして、『そういえばまだ、デュエットは出していなかったわ』って思って、『はい、私でよければ』ってお引き受けしたんです」