「えっ、やはりそうでしたか? ニュースで見沼区の宮城という名前が出ていましたから、嫌な予感がしていたのですが……」

 とかつて容疑者が住んでいた県営団地の住民は口ごもってしまったーー。

 7月11日、警視庁池袋署は埼玉県さいたま市見沼区に住むアルバイトの宮城祐太容疑者(37)を殺人の疑いで逮捕した。10日から11日の未明にかけて、東京都豊島区池袋のラブホテルで、山口ふうかさん(18)の頸部を絞めるなどして殺害したというものだ。

「ふうかさんはライブやイベントを中心に活動する“地下アイドル”をしていた。昨年、メイドカフェのイベントで1日店長をしているときに容疑者と知り合った。この1年で容疑者と3回ほど会っていたようです」(全国紙社会部記者)

3回会って“カノジョ”と思い込んだ容疑者

 だが、ホテルでふうかさんのスマホを容疑者が盗み見して別の男性とやりとりする通話履歴を見つけてしまう。警察の取り調べに対して容疑者は、

「“カノジョ”だと思っていた。だから怒りが爆発して、10分ほど首を絞め続けてしまった」

 と供述している。

 殺害後、容疑者は午前4時15分ごろ、JR池袋駅西口の交番に、「人を殺してしまいました」と自首。

宮城祐太容疑者が自首したJR池袋駅西口の交番

  署員がホテルの浴室で倒れていた山口さんを発見したが、すでに手遅れだった。

「容疑者はふうかさんを“カノジョ”だと思っていたようですが、それは一方的な思いであって容疑者の勘違いだったというのが記者たちの大方の見方です。あくまでアイドルとその追っかけファンという関係性だったのでしょう」(前出・社会部記者)

 なぜこのような“勘違い”による殺人が起きてしまったのかーー。