7月期の連続ドラマが続々とスタートした。

キラリと光る粒ぞろいの'22年夏ドラマ

 主なドラマの初回視聴率は、

『競争の番人』(杏、坂口健太郎/フジテレビ系)11.8%
日曜劇場『オールドルーキー』(綾野剛主演/TBS系)11.2%
『六本木クラス』(竹内涼真主演/テレビ朝日系)9.6%
『ユニコーンに乗って』(永野芽郁、西島秀俊/TBS系)8.7%
『テッパチ!』(町田啓太主演/フジテレビ系)7.6%
『魔法のリノベ』(波瑠主演/フジテレビ系)7.4%
『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』(有村架純、中村倫也/TBS系)6.9%
『初恋の悪魔』(林遣都、仲野太賀/日本テレビ系)6.6%
『純愛ディソナンス』(中島裕翔主演/フジテレビ系)4.8%

――視聴率でスタートダッシュする作品は見当たらないが、「意外と面白いドラマが多いです」とドラマに詳しいライターの成田全さん。

 夏ドラマが始まったばかりだが、早々と10月の新ドラマが発表されているのも気になるところ。

 寺脇康文が14年ぶりに復帰する『相棒』(水曜夜9時)、岡田将生、中井貴一の『ザ・トラベルナース』(木曜夜9時)、水曜夜8時枠終了後に新設される火曜夜9時枠第1弾『科捜研の女2022』とテレビ朝日系が主要3本を早々に告知。

『相棒』シリーズに14年ぶりに復帰する寺脇康文

 TBS系では本田翼主演『君の花になる』(火曜夜10時)、フジテレビ系は山田涼介主演の『親愛なる僕へ殺意をこめて』(水曜夜10時)が告知されている。