伝説のテレビ番組『風雲たけし城』が34年ぶりに復活。同じくビートたけしがMCを務め、復活してほしいバラエティー番組といえば、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』。数多くの人気者を輩出したが、その中でも、注目の存在だった日出郎さんを直撃! 当時のエピソード、そして日出郎さんの“今”を聞いた。

今では考えられない、ハードすぎる企画

 現在バラエティー界で活躍が目立つ“オネエタレント”の大量キャスティングを行った番組の先駆けが『元テレ』だ。中でも注目を浴びた存在だったのが日出郎さんだ。

「最初に私が話題になったのは、競歩大会のときだったかと思います。『一生懸命やってるけどさ、こいつ、“日出郎”って名前なんだぜ!?』と、たけしさんが私の名前を連呼して笑ってくださって。リアクションというより名前が先に出ちゃった感じでした(笑)」(日出郎さん、以下同)

 その後、大砲に詰められて飛ばされたり、東尋坊でダイビングなど、現在ではとてもできないハードな人気企画のオネエ枠として欠かせない人物になっていく。

「出川(哲朗)くんより前に、出川くん以上のことを仕掛けられていましたからね。ハードな収録後に用意された宿で寝ていたら、朝方にバズーカとかヘビメタとかで起こされて。なぜか(レポーターをしていた)ルー大柴さんとかがいるんですよ。なにが嫌だったかって、すっぴんを全国にさらされること(笑)。そんな収録後はショーパブでお仕事でしたからね。大学にも通ってましたし。人気アイドルみたいな忙しさでした」

 最盛期には週10本以上のレギュラー番組を抱えていたことも。そんな10年間休みなしの状態を続け、突如“燃え尽きた”という日出郎さん。

「アメリカに移住したんです。有名なドラァグクイーンの方にお会いするなど、自分を見つめ直すいい機会となりました」