伝説のテレビ番組『風雲たけし城』が34年ぶりに復活。同じくビートたけしがMCを務め、復活してほしいバラエティー番組といえば、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』。その中の「高校生制服対抗ダンス甲子園」で人気を博した実力派・LL BROTHERSが、当時受けたというテレビの洗礼とは……?

最初は乗り気ではなかった

 『元気が出るテレビ』といえば「高校生制服対抗ダンス甲子園」を思い出す人は多いはず。現在は政党「れいわ新選組」代表である山本太郎のメロリンQなども話題だったが、実力派として人気を博したのがL.L BROTHERS(現:LL BROTHERS)だ。第1回、第2回と連覇を果たし、テレビドラマにも出演、歌手デビューまで果たすなど、まさに番組が生んだスターである2人。今回は兄のTAKANORIさんを中心に話を聞くことができた。

「僕とMASAYAは、『ダンス甲子園』はもちろん、番組も見たことがなかったんです。同級生から『ダンスの番組やってるよ! 出なよ!』と言われたのがきっかけでしたが、真剣に取り組んでいたので、お笑いの番組に出るのは嫌で、全然乗り気ではありませんでした」(TAKANORIさん、以下同)

 結局、福岡のダンサーの先輩に声をかけられ、断りきれずオーディションに連れていかれたところ、既にオーディションは終わっていた。踊りを一応見せたところ、出演をオファーされたが、当初は辞退した。

「番組を見てから決めてくれ、と言われ、その後番組を見て、全国に同じように踊っている人たちがいるって知れたのはうれしかったし、僕たちのダンスを全国の人に見てもらえるチャンスだと思い、一度だけのつもりで出ることにしました。無駄にプライドが高かったんでしょうね(笑)」

 もっとも、ビジュアル・実力・体格とどれをとっても頭ひとつふたつ抜きん出ていた。

「初めて出た九州大会の当日、実は『学生服を着て踊る』っていうルールを初めて聞かされて、僕はもう高校を卒業していたし、仕方なく、会場に用意されていた学生服の上着だけを借りて、シルエットが気に入らないから裾を切って短くしました(笑)」