『町田あたりの女性お気をつけ下さい!!』

 TikTokにそう流れてきたのは、東京都町田市近辺でUber Eatsを利用した女性の注意喚起だ。

Uber Eats配達員からのストーキング行為

 投稿された画像には、注意書きとともに、商品を届けた男性配達員の自己紹介画像が載っていた。トラブルの時系列はこうだ。

「玄関前配達→玄関前から少し離れたとこに商品置かれる→取りにいっているときに階段からこっちをガン見→インターホン→非通知着信2回→警察呼ぶよ→配達完了」

『玄関前配達』はいわゆる『置き配』で配達員とは接触せずに商品を受け取れる。また『警察呼ぶよ』は女性が男性配達員に警告したものだ。

 男性の自己紹介画面によると配達歴は「2021年8月~」で、配達する理由は「夜の配達員」と記されている。配達する理由の欄の多くは、「コロナで本業の残業が減ったため」、「両親にプレゼントを買うため」などが記載されていることが多いが……。

 怪しく感じてしまうのは配達理由だけではない。男性配達員が女性に送ったDMのやり取りにはぞっとするものがあった。

《到着しました》(男性配達員)
《確認しました》(男性配達員)

《うけとりましたけどなんですか?》(女性)

《あそ》(男性配達員)
《ぼ》(男性配達員)

 女性は続けて、

「朝家を出る時気づいたんですが、インターホンにペンキを塗られ ダイヤル式ポスト空けられ 中身捨てられ 個人情報が書いてあるものは別に置かれていました。さすがに警察に通報。ですが、証拠不十分で起訴や逮捕は出来ないようです」

 と、白いペンキで塗りつぶされたインターホンの画像および女性のポストの中身がゴミ収集所にばら撒かれている画像を投稿している。

 警察が証拠不十分としたように、ペンキ塗りやポストの中身のばら撒きは男性配達員によるものか確証はないものの、同投稿はTwitter上でも拡散され、

「Uberの配達員って審査ないのかな 頼んでみようかなって思うとこんな事件があって怖くて頼めない」

「家バレしてるし本当悪用やめてほしい」

「本家アメリカのUber(タクシー)は“レイプをするために”ドライバー登録して獲物を物色する輩が絶えないことが社会問題化してたもんなぁ。日本も“遠からず”ってとこか」

 といった声があがっている。