7月24日までアメリカ・オレゴン州で「2022年世界陸上競技選手権大会」が開催され、日本でも『世界陸上オレゴン』(TBS系)などで中継。『世界陸上』では俳優・織田裕二が1997年以降13回大会連続でメインキャスターを務めてきたが、今大会限りでの卒業が発表されており、最後に「楽しい25年をありがとうございました」と挨拶した。

 そんな織田だが、有終の美を飾ったとは言い難い。

セクハラ発言をしても驚きはない

「日本時間23日に行われた女子400mハードルの決勝で、世界新記録を樹立して金メダルを獲得したのはアメリカのシドニー・マクラフリン選手。彼女の走りを見届けた後、織田が“セクハラ発言”をしたとして、ネット上に批判が殺到したのです」(スポーツ紙記者)

 マクラフリン選手の素晴らしい走りに世界中が興奮する中、織田は「これ以上やることないですよ」「結婚しました、新婚です。もう、すぐ子どもを産んじゃうんでしょうね」とコメント。

 この時、一緒にキャスターを務めるフリーアナウンサー・中井美穂は「どうなんでしょうかね。もう1回そのレース、見ることにいたしましょう」と軽く流しつつ、うまくリプレイ映像に誘導したが、織田はさらに、

「妄想が止まりません」

 という謎の発言まで残した。

 ネットユーザーの間では「織田裕二、急に変なこと言い出したな」「今の発言はアウト」「結婚したからすぐに子どもを産むっていう決めつけも良くないし、妄想が止まらないとかもキモい」「妊娠どういう言うのは、さすがにセクハラ」「最後のMCなのに、失言して炎上か」といった声が飛び交っていた。

「織田といえば、1991年に鈴木保奈美とダブル主演した連続ドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)が最終回で平均視聴率32.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得するほど大ヒットし、97年放送の連ドラ『踊る大捜査線』(同)もやはり人気となってシリーズ化するなど、かつて脚光を浴びていた俳優の1人。しかしその後、徐々に活躍の機会は減り、今や“ひと昔前の俳優”という印象に」(テレビ誌ライター)

 2018年に主演した連ドラ『SUITS/スーツ』(同)では“27年ぶりに鈴木と共演”という話題もあったが、やはり現代の若い視聴者層にはピンと来なかったのか、初回視聴率こそ平均14.2%をマークしたものの、第4話で8.9%まで減退するなどして、全話平均は10.8%を記録。

 さらに、20年には『SUITS/スーツ2』も放送されたが、こちらは初回の11.1%以外オール1ケタ台となり、全話平均8.5%と寂しい結果となった。

そもそも『SUITS/スーツ』も、フジ上層部のゴリ押しによって制作されたドラマで、現場の若手スタッフからは『なんで織田裕二主演?』という不満声が出ていたとか。このような背景に、今回の『世界陸上』でのセクハラ発言まで加わると、織田は本格的に“時代遅れ”な俳優になってしまったのだな……と切なくなります。一部では“織田のキャラクター的に、セクハラ発言をしても驚きはない”といった意見もあるようですが、やはり令和の時代に意識を変えられていないということ自体、よろしくないでしょう」(同・前)